KOBITブログ

アカウントそのものを託す?新しいInstagramインフルエンサーマーケティングとは?

この記事は約 6分 で読めます。

Influencer, opinion leader, team leader, CEO and another business leading concepts. Opinion leader has power to influence opinion mass of people especially customers.

Instagramマーケティングといえば、インフルエンサーマーケティングが思い浮かぶでしょう。自社の商品・サービスに関わる分野において影響力のあるユーザーと手を組んで、ブランディングしていくことは、既に常套手段となっています。一般的には、自社の商品・サービスを体験しているシーンを、インフルエンサー自身のアカウントに投稿してもらうことで、認知や信頼を高めることを目的にする企業が多いでしょう。

ただ、これは必ずしも企業アカウントの直接的な伸びには繋がりませんね。もちろん、ビジネスの根っことなる目的は利益を生み出すことであり、Instagramアカウントの成長ではありません。しかし、自分のアカウントのフォロワー数やエンゲージメント率が高いに超したことはないですよね。

そこで、今一部の企業の間では一風変わったインフルエンサーマーケティングが行われています。それはアカウント自体をインフルエンサーに託す、委託形インフルエンサーマーケティングです。

従来のインフルエンサーのアカウント上で自社のブランドを宣伝してもらう手法とは違って、インフルエンサーが作ったコンテンツを自分のアカウントに投稿してもらう手法となります。

委託形インフルエンサーマーケティングのメリット

委託形インフルエンサーマーケティングのメリットは、自分のアカウントにインフルエンサーが参加することで、直接的に自分のアカウントに注目が集まる点です。つまり、商品・サービスのブランディングだけでなく、フォロワー数やエンゲージメント率を高めることにも繋がります。

自分のアカウントだけでも十分プロモーションできるレベルまで達すると、コスト面で楽になりますよね。つまり、この委託形インフルエンサーマーケティングはコストパフォーマンスを高める可能性を秘めた手法になります。

もちろん、自分のアカウントを他人に託すので、セキュリティ面やブランドイメージの維持じゃケアしなければなりません。委託する際に、パスワードの管理とブランドイメージや方向性の共有は、しっかりしとかなければなりませんね。

委託形インフルエンサーマーケティングの手順

1ゴールの定義

何をやるにもゴールの定義は必要になります。もちろん、委託形インフルエンサーマーケティングのゴールは様々です。「商品・サービスをプロモーションしたいのか?」「認知度を高めたいのか?」「自社アカウントのエンゲージメントを高めたいのか?」などが挙げられます。

その上で、目標にあった指標を決めて、効果測定をしっかりできるようにしましょう。プロモーションでしたら、コンバージョンやトラフィック数になりますし、エンゲージメントの向上でしたら、「いいね!」や「コメント」の数になりますね。

2インフルエンサー探し

次はインフルエンサー探しです。フォトグラファーなのか、有名ブロガーなのか、有名人なのか、など自分のゴールにあったインフルエンサーを見つけるようにしましょう。例えば、エンゲージメントを高めたいなら、自分と同じタイプのフォロワーを抱えるインフルエンサーが適しています。

「あ!この企業アカウントで、私が大好きなブロガーが協力している」と思わせると、親近感が湧きそうですよね。一方、認知度を高めたいなら、既に自分が抱えているフォロワーにリーチしても意味がないので、「自分の分野と関連しているけど、まだリーチできていないフォロワーを抱えているだろうインフルエンサー」にアプローチするのが良いですね。

分かり易い例は、健康食のビジネスをしている場合、ダイエットや美容分野と関連付けられますね。運動はしているけど、ダイエットにおいて「食」に気を使っていないユーザーは多いかもしれません。そういったユーザーにもターゲットを広げることができれば、認知度の向上はかなり期待できますね。

3コンテンツフォーマットを決める

Instagramのコンテンツには、通常のフィード投稿の他に、ストーリー、ライブ動画の3種類のフォーマットがありますね。フォーマットによってコンテンツの方向性は変わってきますが、同時に委託期間を決めるための要素にもなります。

信頼出来るインフルエンサーといえども、やはりずっと自分のアカウントを管理させるわけにはいきませんね。フィード投稿なら1〜2週間ぐらい、ストーリーなら1日、ライブ動画なら1時間ぐらいと管理していくのが良いでしょう。もちろん、期間は委託プロジェクトに寄りますが。。

4ハッシュタグ

Instagramの投稿においてハッシュタグは欠かせませんね。インフルエンサーは、どんなハッシュタグを使えば、プラスの効果を得れるか知っているはずです。しかし、一任することは避けましょう。自分のブランドイメージに合っているもの、プロジェクトに沿っているものを選んで、しっかり共有するようにしましょう。

逆に、自社のイメージを崩しかねないハッシュタグもあるかもしれないので、前もってインフルエンサーに何のハッシュタグを使うかも確認しておきましょう。

5告知する

いきなり投稿者がインフルエンサーになったらユーザーはビックリしてしまいます。ですので、Instagramでインフルエンサーのコラボレーションを告知するようにしましょう。

告知は委託プロジェクトのプロモーションにもなります。ですので、Instagramだけでなく、FacebookやTwitterとかでも告知するとさらにたかい効果が期待できそうですね。

6効果測定

最後は効果測定ですね。最初に決めた指標と目標を基に、どれだけ達成出来ているかを確認しましょう。

まとめ

以上が、Instagramの委託形インフルエンサーマーケティングです。セキュリティ面で不安はあるかもしれませんが、自分のアカウントを直接的に大きくする手法ですので、一度試してみてはどうでしょうか?

参照:Marketing Land, 8 key steps for a successful Instagram takeover

 


さあ、KOBITをスタートしよう。