KOBITブログ

Google アナリティクスに新たに登場したディメンション「直接セッション」を理解する

この記事は約 6分 で読めます。

032-03

Google アナリティクスに新たなディメンション「直接セッション」がお目見えしました。今回はこの「直接セッション」についての仕様を確認していきましょう。なお、今回の記事は中級者向けの内容となっております。

Google アナリティクスの流入の仕様をまずは理解しよう

あるユーザーがサイトに3回訪れたとしましょう。以下のような流入元と訪問になっています。

032-01

さて、この時に「チャネル」のレポートをGoogle アナリティクスで見るとどのような数値が表示されるでしょうか?

正解は

流入元 セッション コンバージョン数
Paid Search(リスティング) 1 0
Organic Search(自然検索) 2 1

 と、なります。

これはGoogle アナリティクスの通常レポートの仕様で、ノーリファラーからの流入に関しては、その訪問より前に同じ人がサイトに違う流入元から流入していた場合、「その流入元を引継ぐ」という仕様になっています。

そのため、Google アナリティクスの通常のレポートでは以下の画像のように理解されてしまうのです。

032-02

しかし、このようなルールが適用されないレポート群があります。それが「目標」の中にある「マルチチャネル」や「アトリビューション」のレポートです。このレポート群の中では、最初の画像の通り、入ってきた流入元が(その手前の流入元に関係なく)計測をされます。

ノーリファラーの扱い

「ノーリファラー」(ブックマークを使用したり、サイトの URL をブラウザに入力するなど)によりコンバージョンを達成した場合、マルチチャネル レポートではそれが「直接」のチャネルによるコンバージョンとして記録されます。この点は、その前に直接以外のキャンペーンやソースがあれば、前の参照元のコンバージョンとして記録される Google アナリティクスの他のレポートとは異なります。

たとえば、他の Google アナリティクス レポートでは、ユーザーが参照元からサイトにアクセスし、その後で再び「直接」アクセスしてコンバージョンに至った場合、「直接」のソースは無視され、代わりに参照元がコンバージョンのきっかけとして評価されます。

https://support.google.com/analytics/answer/1319312?hl=ja#Direct より

というわけでレポートによって流入元のカウントの仕方と、成果の紐づき方が変わるというやっかいな仕様となっています。

マルチチャネルのレポートの場合は、

流入元 セッション コンバージョン数
Paid Search(リスティング) 1 0
Organic Search(自然検索) 1 0
Direct(直接流入) 1 1
     

 という形でノーリファラー(Direct)からの流入がカウントされ、DirectとCVが紐づく形になります。

新たに登場した「直接セッション」というディメンション

「直接セッション」とは、入ってきたときの流入元が「本当にその流入元だったのか」あるいは「実はノーリファラーだけど別の流入元で入ってきたから、流入元を置き換えているよ」のどちらかを教えてくれるディメンションです。

032-03

以下のカスタムレポートを見てみましょう。

032-04こちらのレポートでは google / organic と yahoo / organicがプライマリディメンションに入っており、直接セッション(NoあるいはYes)がセカンダリディメンションに入っていることが分かります。

No」とは「ノーリファラーではない」という事を意味しており、本当にGoogleから来たことが分かります。逆に「Yes」とは、「実はノーリファラーである」ことを意味しています。

つまりこのレポートの場合、google / organic の流入の内、70%は本当にGoogleからの流入だけど、30%は実はノーリファラーだったという事が分かります。Yahoo / organic で見ても、20%が実はノーリファラーだったという事がわかります。

032-05

 

これは検索エンジンに限らず、全てのノーリファラー以外の流入元にも言えることです。

今までこのような「実際の動きに基づいた」数値はマルチチャネルやアトリビューションレポートの一部で見ることが出来ましたが、流入数を正確に切り分けることが出来ませんでした。今回登場した「直接セッション」により、切り分けて見ることが出来るようになりました。ただ「直接セッション」に関しても2017年6月時点ではいくつかの制限があります。

  • 直接セッションは「カスタムディメンション」あるいは一部のレポートの「セカンダリディメンション」としてのみ選択できます。
  • 「直接セッション」をセグメントの条件として選ぶことが出来ません
  • 「直接セッション」をAPIから取得することが出来ません。

これらの問題はいずれ解決されるのではないかと期待しています。

しかし、わかりにくい仕様自体は残っており、今までの仕様を置き換えるものではありません。これは過去のデータとの整合性を考えるとそろえるのは難しいという事なのでしょう。しかしデータ自体は取得されていたし、「直接セッション」を見たいというニーズがあったのでしょう。そのために今回のようなディメンションが登場したのでしょう。

「直接セッション」を使わない限りは、既存レポートでは今まで通りの仕様(=のーリファラーはその前に流入が全てノーリファラーでは無い限り、直前の流入元に紐づく)となるため、基本的な考え方は変わりません。サイトの分析上、必要なケースは出てくるかと思いますので必要に応じて使うくらいの認識が良いのではないでしょうか。

 

小川卓 プロフィール画像

【著者プロフィール】

小川 卓(おがわ たく)

ウェブアナリストとして、マイクロソフト・ウェブマネー・リクルート・サイバーエージェント・アマゾンで勤務後、フリーに。複数社の社外取締役やデジタルハリウッド大学院の客員教授として活動.。コンサルティング・勉強会・執筆に従事。

主な著書に「ウェブ分析論」「ウェブ分析レポーティング講座」「漫画でわかるウェブ分析」「Webサイト分析・改善の教科書」「あなたのアクセスはいつも誰かに見られている」など。

 

※KOBITブログでは、毎月1~2本程度、小川卓さんに記事を寄稿いただいております。
どれも興味深い記事となっておりますので、ぜひ他の記事もご覧下さい。
小川卓さんによる寄稿記事を読む


さあ、KOBITをスタートしよう。