KOBITブログ

Google Analyticsはソリューションギャラリーでレポート作成がおすすめ

この記事は約 6分 で読めます。

analytics-2158454_960_720

データの可視化に便利なGoogle Analytics。目標達成に役立つとして取り入れる企業が多いのですが、複雑でどこを見たらいいか分からないという声をよく聞きます。特定の分析データを表示したくてもどのデータとどのデータを表示したら良いか悩んでいる担当者も多いのではないでしょうか。

Google Analyticsには他のユーザーが作成したレポートをテンプレートとして取り入れる「ソリューションギャラリー」という機能が提供されています。この機能を利用すれば、好みのデータがまとめられたレポートを活用できるのです。

ソリューションギャラリー(Solution Gallery)とは

ソリューションギャラリーとは、世界中のユーザーが独自に設定したマイレポートやセグメントを共有できるシステム。Analyticsユーザーがウェブ上に公開した設定データをテンプレートとして自身のAnalyticsに取り込めます。ソリューションギャラリーを使えば、同じ業界のやり手ユーザーが活用しているレポートをワンクリックで取り組むことも可能です。

ソリューションギャラリーで共有できるのは設定データに限るので、個人情報やGoogle Analyticsのデータが公開されることはありません。

ソリューションギャラリーの使用方法

まずはソリューションギャラリーの使用方法をステップごとに紹介します。ソリューションギャラリーに最初にアクセスすると、すべて英語で表示されます。今回は日本語に設定して使用していく方法を説明しますが、英語のまま使用したいという方はStep1を飛ばしてください。英語の場合もクリックする位置はほぼ同じなので、参考にしていただけたら幸いです。

Step1.日本語にする

solution-gallery-1

Google Analyticsにログインした状態で、ソリューションギャラリーにアクセスしてください。(http://www.google.com/analytics/learn/solutions-gallery.html

solution-gallery-2

言語の設定をします。右上の歯車マークを押して設定へ移動してください。「username」を入力しないと設定を保存できないので、好みのユーザー名を入力します。
次は「Langage」で好きな言語を設定しましょう。ここでは日本語に設定した場合の使用方法を説明します。入力が完了したら青いボタンの「Save」をクリックして設定を完了してください。

solution-gallery-3

設定が完了して画面が日本語で表示されました。

Step2.設定データの検索

solution-gallery-4

他ユーザーが作成したインポートしたい設定データを検索します。トップ画面で「参照」をクリックしてください。

solution-gallery-5

設定データ検索画面に移動しました。ここからカテゴリなどを絞って、インポートしたい設定データを検索します。左メニューで表示順の変更やフィルタをかけて検索可能です。好みの設定データがあれば「インポート」をクリックします。

solution-gallery-6

インポートをクリックして、ビューの選択画面が表示されたら、設定データを反映したいビューを選択しましょう。ビューの選択が完了したら画面下部の「作成」をクリックします。自身のアナリティクスページに移動して、設定が反映されていたら完了です。

参考:アナリティクスヘルプ「ビューについて

ソリューションギャラリーでおすすめのレポート

ここからは海外メディアKissmetricsで掲載されていたおすすめのレポートを紹介します。どれもソリューションギャラリーでインポートできるので、ぜひ取り入れてみてください。

1.モバイルパフォーマンスに関するレポート

最近はモバイル機器を利用してウェブサイトを閲覧するユーザーが増えました。AMPなどモバイル利用者を意識した対策の重要性も叫ばれています。モバイルユーザーの行動を知って対策することは今後より重要になる部分です。

Avinash Kaushik氏はソリューションギャラリーで提供しているレポートの一部で、モバイルパフォーマンスを計るのに最適なレポートを提供しています。このレポートを利用すれば、iOSとAndroid別のユーザー数やユーザー比、直帰率などを確認可能。モバイル利用者に関する問題点を可視化し、改善の役に立ちます。

solution-gallery-7

モバイルパフォーマンスが可視化できるレポートはカスタムレポートに「AK: Mobile Performance Analysis v2」という名前で保存されます。ダウンロードはコチラから。

2.ソーシャルメディアに関するレポート

消費者が製品を購入するきっかけは、ソーシャルメディアからの情報という場合が多くなりました。ソーシャルメディアからキャンペーンサイトへのトラフィックなどを計測することが重要です。

ソリューションギャラリーで公開されている「Traffic Acquisition from Social Media」は、ソーシャルメディアからのトラフィックだけでなく、トラフィックを具体的な成果に換算してくれます。

Traffic Acquisition from Social Mediaのダウンロードはコチラから。

まとめ

ソリューションギャラリーを取り入れることで、他ユーザーが分かりやすくまとめたレポートを利用できます。Google Analyticsのどこを見てよいかわからないというストレスを解消可能です。

また当社はGoogleアナリティクスから自動的にパワポでレポートを生成できるサービスを提供しています。Google Analyticsのデータを図や表を使って分かりやすくデータにまとめているので、興味がある方はぜひこちらをご覧になってください。

参照:Kissmetrics「12 Awesome Custom Google Analytics Reports Created by the Experts


さあ、KOBITをスタートしよう。