KOBITブログ

Facebookを利用する目的とそれに伴った取り組みとは?まずは心構えから変えてみよう!!

この記事は約 6分 で読めます。

3D illustration of "KEEP IN MIND!" title flowing from a loudspeaker

ある興味深い調査を発見しました。米国のマーケティング調査会社Mentaが、4712の中小企業を対象に、Facebookページを開設した目的、実際の取り組み、そしてその結果についての状況を調査しました。調査結果を見てみると、実際にFacebookを利用してポジティブな効果を得ていると答えた企業は49.66%で、得ていないと答えた企業は50.34%と、Facebookからポジティブな効果を得ていない企業が僅かに多い結果となりました。

何故Facebookからプラスの効果を出せないのか?その要因は様々ですが、Mentaが行った他の調査項目から、「目的とそれに沿った取り組みが出来ていない」というのが、結果が出ない要因の1つだと、個人的に考察しました。

この記事では、まずMentaが行った調査結果を紹介して、私考える「目的とそれに沿った取り組みが出来ていない」ということについて説明していきたいと思います。

Mentaの調査結果

まず見てもらいたいのは、Facebookを開設した目的についてです。下のグラフを見てみると、多くの企業は「認知向上(Raise awareness)」を目的としていて、その数値は72%となっています。そして「新規顧客獲得(Acquire new customers)」が63%、「Web集客(Generate web traffic)」が44%、「問い合わせ電話(Generate phone calls)」が43%、「既存顧客へのアプローチ(Retain current customers)」が36%と続きます。

screen-shot-2017-05-15-at-4-16-25

画像参照:Menta, Poll: Most Business Owners Devote Little Time to Facebook – April 2017

続いて、週のFacebookマーケティングに費やす時間についてです。結果は下のグラフのようになっています。58%の企業が、週にFacebookに費やす時間が1時間と答えています。次いで、1−2時間しか費やさない企業が16%となっています。1週間を5営業日とすると、1日当たり24分以下しかFacebookマーケティングに使わないことになります。これは非常に少ない時間と言えます。

screen-shot-2017-05-15-at-3-58-40

画像参照:Menta, Poll: Most Business Owners Devote Little Time to Facebook – April 2017

最後に見て頂きたいのが投稿頻度です。なんと58%もの企業が月に数回しか投稿しないと答えていて、毎日投稿している企業(「1-3 times a day」、「More than 3 times a day」、「Once a day」の合計)は、たった24%しかいないことがわかりました。

screen-shot-2017-05-15-at-4-23-13

画像参照:Menta, Poll: Most Business Owners Devote Little Time to Facebook – April 2017

何故結果が出ない?

それでは、何故結果が出ないか考えてみましょう。多くの企業がFacebookを利用する目的に、「認知向上(Raise awareness)」と「新規顧客獲得(Acquire new customers)」と答えていますが、これらを達成するにはどうしたらいいでしょう?

まず、いいね!数を増やしたり、投稿をバズらしたりすることが必要です。そのために、やはりシェアしてもらえるような投稿をする必要がありますし、それを継続させる必要があります。そういった投稿を作成するには、ある程度時間が掛かるものです。しかし、上の結果で、多くの企業が、Facebookマーケティングに費やす時間は1日24分以下ということがわかりました。たった24分で良いコンテンツを作成し、投稿出来るでしょうか?モノに寄ると思いますが、大抵が良い加減なコンテンツになりがちなのではないでしょうか?やはり、コンテンツは1つひとつ入念に作成する必要があります。

また、良いコンテンツの作成に時間が掛かってしまうので、頻繁に投稿することが必ずしも必要とは言いませんが、さすがに月に数回だけの投稿頻度は少な過ぎます。やはり、投稿しなければ、その分シェアされる絶対的回数は減るので、「認知向上(Raise awareness)」や「新規顧客獲得(Acquire new customers)」の目的を満たすことは難しくなります。やはり、ある程度計画的にコンテンツの配信日を決め、マネジメントしていく必要があります。

つまり、結果が出ていないと答えている企業が多いのは、Facebookを利用している目的とそれに伴う取り組みがしっかり出来ていないからだと考えられます。これが、私が最初に述べた「目的とそれに沿った取り組みが出来ていない」ということです。

まとめ

今回Mentaが行った調査はアメリカ企業のみですが、日本の多くの企業にも当てはまることだと思います。Facebookページを開設だけして、全く投稿していない、全然練られていないコンテンツを投稿している企業が非常に多いと感じています。しっかりと目的を満たした運用をするためには、それに見合った取り組みをしなければなりません。

「認知向上(Raise awareness)」と「新規顧客獲得(Acquire new customers)」の目的を持ってFacebookを運用するなら、バズコンテンツや投稿頻度をしっかり考えるようにしましょう。

参照:Menta, Poll: Most Business Owners Devote Little Time to Facebook – April 2017,
Marketing Land, Survey: Only 24 percent of SMBs seeing positive ROI on Facebook


さあ、KOBITをスタートしよう。