KOBITブログ

サイトオーソリティ(権威性)と検索ランキングの関係とその変化

この記事は約 5分 で読めます。

Suchmaschinenoptimierung

各サイトやページには、それぞれオーソリティ(権威性)というものがあります。簡単に言えば、これはコンテンツの信用性を表現したものです。自分のサイトの効果測定をする際、ツールを利用してオーソリティ(権威性)値を利用する人も少なくないでしょう。

というのも、このオーソリティ(権威性)が高ければ高いほど、Googleランキングが高くなると多くの人が思い込んでいるからです。しかし実は、Googleは、オーソリティ(権威性)値の高さは必ずしもGoogleランキングに影響するとは限らないと述べています。

従来なら、オーソリティ(権威性)値とGoogleランキングはかなりリンクしていました。それでは、オーソリティ(権威性)値とGoogleランキングの関係はどのように変わってしまったのでしょうか?従来と今のオーソリティ(権威性)値の算出要素の違いに触れながら、説明していきたいと思います。

従来のオーソリティ(権威性)

従来のオーソリティ(権威性)は、基本的に被リンクの数でランク付けされていました。つまり、被リンクの数が多ければ多い程、ランクは高くなり、検索エンジンで高いポジションを獲得することができました。まさに従来のSEOですね。

お気づきかもしれませんが、Googleの被リンクに対する位置づけがアップデートされ、オーソリティ(権威性)も変化してきました。現在、被リンクは「数」ではなく「質」に変化してますよね。どんなに多くの被リンクを獲得しても、リンク先のサイトの質が低ければ、Googleは全く評価してくれません。逆に、被リンク数の数が少なくても、質の高いサイトとリンクしていれば、Googleは高く評価してくれます。

このように、被リンクの価値付けが、従来と今では大きく異なっています。しかし、質の高いサイトから被リンクを獲得してオーソリティ(権威性)を高くすれば、検索エンジン結果で高いポジションを獲得できるのか?と言えば、最初に述べたように、それもまた違います。次の節で、それを明らかにしていきたいと思います。

今のオーソリティ(権威性)

被リンクは大きな変化でしたが、実は今オーソリティ(権威性)を評価する要因指標は200にも上るようです。そして、「オーソリティ(権威性)が高くても、高い検索エンジンポジションは獲得できない」大きな要因となっているのが、RankBrainです。RankBrainとは、機械学習で検索エンジン結果に表示されるランキングを決める仕組みのことです。検索結果はユーザーが打ち込んだ「キーワード」ではなく、「検索意図」を読み取ります。

1番簡単な例を出せば、「日本 最も高い塔」とユーザーが検索すると、これまでは「日本 最も高い塔」に一致するタイトルが表示されていました。しかし、RankBrainは「日本 最も高い塔」=「スカイツリー」と認識し、スカイツリーに関するコンテンツを表示してくれます。

このように、現在Googleは各クエリが意図するもの、検索者個人が何を思ってそのキーワードを利用しているかを、ユーザー毎に判断し、それぞれに合った結果を表示してくれます。つまり、オーソリティ(権威性)が高くても、それがユーザーの意図するものではなかったら、表示されないわけです。これが、オーソリティ(権威性)と検索エンジンが比例しない由縁と言われています。

今後のオーソリティ(権威性)

もちろん、Googleは今後もオーソリティ(権威性)の評価法をアップデートしていくでしょう。今Googleが新たな評価要因として考えているのが、クオリティレーター(Quality raters)です。クオリティレーターとは、Googleが検索エンジンにインデックスしているページを評価している人達のことです。実はGoogleは10,000以上のクオリティレーターを雇って、各クエリによる検索結果やコンテンツを評価してもらっています。現時点では、彼らの評価が直接ランキングに影響することはありませんが、Googleは今後これらの結果を活用し、検索アルゴリズムの仕組みを向上させるとのことです。

まとめ

いかがでしたか?オーソリティ(権威性)の評価方法は、常に変化していることが分かってもらえたと思います。オーソリティ(権威性)が高いから、ポジションが高くなるとは限らないことは、しっかり覚えておきましょう。RankBrainの重要性が高まっている今、しっかりコンテンツのターゲティングをして、本当にその情報を求めているユーザーの検索結果に表示させることが大切になります。

最後に、オーソリティ(権威性)に関する補足情報を述べます。まず、サードパーティーのオーソリティ(権威性)評価確認ツールを利用する人が多いようですが、先にも述べたように、オーソリティ(権威性)を評価する要因指標は200を超えていますし、常に変化しているので、あまりとらわれないようにしましょう。

参照:Search Engine Land, How Google assesses the ‘authority’ of web pages


さあ、KOBITをスタートしよう。