KOBITブログ

注目される【アプリSEO】で知っておきたい5つの知識

この記事は約 5分 で読めます。

Multichannel online banking payment communication network digital technology internet wireless application development mobile smartphone sync app: Business woman holding smart phone icon flow

人々の生活の中心にはスマートフォンがあります。モノ探し、情報収集、暇つぶし、楽しみ、コミュニケーションなど全てスマートフォンで行うという人がほとんどなのではないでしょうか?そして、そのスマートフォンを支えているのがアプリです。今や我々にとってアプリは欠かせないもので、何をするにしてもアプリを起動させます。

その流れに乗って、多くの企業が自社アプリを開発してリリースしています。しかし、アプリの数が膨大になりすぎて、ユーザーに自分のアプリを見つけてもらうのは至難な業です。

そんな中、最近ではGoogle検索エンジンからも、アプリがインデックスされ検索結果に表示されます。ユーザーが検索結果からクリックすれば、そのアプリのダウンロードページに飛ばされます。つまり、現在Google PlayやiTunes Storeだけでなく、Google検索エンジンからもアプリを見つけることができるのです。

企業側の気持ちになれば、Google PlayやiTunes Storeで検索上位に表示されなくても、アプリSEOを駆使することで、アプリのダウンロード数を伸ばすことも可能であるということです。ということで、この記事ではアプリSEOで知っておきたい5つの知識を紹介していきたいと思います。

検索エンジンからアプリを検索しているユーザーは増える

現在、アプリストアからアプリを探すユーザーは全体の40%である一方、検索エンジンからアプリを探すユーザーは27%です。まだまだ、検索エンジンからの発見はメジャーではないようですが、その値は年々増えていて、今後も増えると予想されています。

理由としては、Googleが検索エンジンからのダウンロードを押し進めているからです。どうやら、Google Playより検索エンジンを重視しているようです。それでは、実際にGoogleが、検索エンジンからのダウンロードを促すために行っている取り組みの1つを紹介しましょう。

アプリパック(app pack)

アプリパックとは、検索結果のトップに表示されるアプリだけを集めたセクションのことです。下記の画像がそれです。

application-optimization-338x600

アプリパックに含まれるアプリ数は最大6つとなっていて、検索クエリでヒットしたアプリ数が6つを超えると、「さらにみる」的なボタンを押すことで残りのアプリを閲覧することができます。

アプリパックの優秀な点が、ユーザーがアンドロイドを利用していたらiOS限定のアプリは表示されない、同様にiOSを利用していたらアンドロイド限定のアプリは表示されない、という仕様になっていることです。

アプリパックに表示される情報は、アプリアイコン、タイトル、レートや値段が含まれます。ユーザーはダウンロードしたいアプリのセクションをタップすれば、そのダウンロードページへと飛ぶことができます。

全てのクエリがアプリパックに影響を与えるわけではない

どんなクエリでもアプリパックに影響を与えるわけではないということは覚えておきましょう。例えば、あるクエリで自社WebサイトがGoogle検索結果1位を獲得していて、そのクエリをそのままアプリにも適用したからといって、アプリパックに含まれるとは限りません。また、どんなクリエでもアプリパックが検索結果に表示されるとも限りません。

ですので、一度どのクエリでアプリパックが表示され、どのクエリで自分のアプリがアプリパックに含まれているか確認する必要があります。それを把握した上で、各クエリでのアプリSEOを行っていきましょう。

レビューの重要性

これは普通のSEOと一緒ですね。やはり、高いレートを獲得しているアプリの方が上位に表示されますし、レビューに含まれるワードもランキングに影響しているかもしれないとも言われています。何より、レートやレビューが良いとクリック率やダウンロード数が大きく伸びますからね。レビューマネジメントはしっかりするようにしましょう。

タイトルとディスクリプションの最適化

これもWebサイトのSEOと同じです。やはり、タイトルやディスクリプションはGoogleの評価やクリック率に影響してきますからね。自分のアプリをダウンロードするユーザーは、どんなキーワードを使うかをしっかり考えて最適化していきましょう。

ここで、ユーザーのアプリ検索の傾向について説明しましょう。まず、普通のWebサイト検索と違って、アプリを探す際は、5W1H(What, Where, Why, Who, Which, How)のような検索はあまりしません。恐らく、皆さんもそうだと思いますが、「アプリ」というワードを絶対使うのではないでしょうか。例えば、写真編集アプリを探す時、「写真 編集 方法」ではなく「写真 編集 アプリ」と検索すると思います。ですので、「アプリ」という単語は、タイトルかディスクリプションに含めると良いでしょう。

まとめ

アプリSEOの重要性は、今後どんどん高まっていくと思います。WebサイトのSEOと違う点、同じ点ありますので、その点はまずしっかり認識して対策できれば良いと思います。

参照:Search Engine Land, Simple tips to get your app indexed, ranked & installed

 


さあ、KOBITをスタートしよう。