KOBITブログ

Googleアナリティクスのカスタムレポートとマイレポートの違い

この記事は約 5分 で読めます。

analytics-1925495_960_720

Googleアナリティクスはブログやウェブサイトに使えるアクセス解析ツール。Googleが提供している解析ツールということもあり信頼度が高く、多くの企業が取り入れています。活用するとブログやメディアの強みだけでなく改善点も可視化できるので、マーケティングに必須のツールでもあります。

Googleアナリティクスは最初に「ページビュー数」や「直帰率」など、基本的な分析情報が表示されます。ですが目標や運用中のキャンペーンによって欲しい情報は企業ごとに異なるはず。
そこで便利なのが「カスタムレポート」と「マイレポート」。好みの指標を設定することで欲しいデータをまとめることができます。今回はカスタムレポートとマイレポートそれぞれおすすめの活用方法を紹介します。

カスタムレポートおすすめの活用法

前述したようにGoogleアナリティクスの管理画面には、基本的な分析情報が並びます。カスタムレポートは「ディメンション」と「指標」を設定することで、好みの組み合わせで分析データを表示できるシステム。複数の指標を設定できたり、アドバンスフィルタを使ってデータを絞り込んだりと、幅広く詳細なデータ分析に活躍します。

【おすすめ】ファネル分析に活用

ファネル分析とは製品購入や資料ダウンロードなど消費者に望むアクションの過程の離脱率を把握して、ユーザーが離脱しているポイントはどこかを可視化する分析方法です。この離脱ポイントを明確にすることで、消費者に望むアクションをしてもらうための改善点が浮かび上がってきます。

まずは消費者に望むアクションを細分化してリストにまとめましょう。例えばGoogleアナリティクスを利用しているサイトで商品購入を促したい場合、最終的な目標は「商品の購入」になるかと思います。商品の購入に至るまでに考えられるプロセスをリスト化してください。
例えば「商品一覧ページに移動する」「商品詳細ページに移動する」「買い物かごに商品を入れる」「(商品購入のために)ユーザー情報入力」「購入完了」が考えられるのではないでしょうか。このリストに書き出した情報を元にカスタムレポートを設定しましょう。

custom-report-1

アナリティクストップページから「カスタムレポート」を選択して「新しいカスタムレポート」をクリックすると、カスタムレポートの作成ページに移動します。画像のように、カスタムレポート作成に必要な項目が表示されるので設定していきましょう。
まず「指標グループ」の「指標を追加」をクリックして、先ほどリスト化した「商品の購入までに考えられるプロセス」を入力してください。ここに購入までのプロセスを入力すると、ポイントごとに数値がグラフで表示されます。どのポイントの数値が低くなっているか可視化されることで、消費者の離脱率がどこなのか分かりやすくなります。

次に「ディメンションの詳細」から「ディメンションを追加」を選択して、比較したいユーザーの属性を決定します。「ユーザーの使用デバイス」や「新規かリピーターか」などでユーザーの属性を指定して、指標を比較できます。
以上の設定が完了したら「保存」をクリックして作業を完了しましょう。

マイレポートおすすめの活用法

カスタムレポートはディメンションと指標を組み合わせて1つのレポートを作成するシステムでしたが、マイレポートはカスタムレポートと異なり設定できる指標は1ウィジェットにつき1つ。ダッシュボードのように複数のウィジェットを表示できるので、必要な情報だけ見やすく選んでおくと効率的にデータをまとめることが可能です。

【おすすめ】欲しい情報をまとめる

マイレポートはダッシュボードのように様々な数値を並べて表示できるので、提出用の資料としておすすめ。特に定期的に提出の必要がある資料のデータとして有効です。クライアントに提出が必要な数値や会議で必要な数値をまとめましょう。

my-report-1

メニューの「マイレポート一覧」をクリックして「作成」を選択します。すると画像のように「空白のキャンパス」か「デフォルトのマイレポート」かを選択するポップアップが表示されます。
デフォルトのマイレポート」は新規ユーザーやセッション、目標の完了数など基本的なデータをすぐに設定してくれます。ウィジェットの設定に悩んでいる場合は活用してください。

my-report-2

空白のキャンパス」はウィジェットを1つずつ設定できます。カスタムレポートでは複数の指標が設定できましたが、マイレポートでは1つのウィジェットで指標を1つ設定します。ダッシュボードの中では、画像のように複数のウィジェットが表示されるので異なる情報を一度に取得できるのがメリットです。指標や表示方法を選んで自分好みのダッシュボードにカスタマイズしましょう。観測または提出したい情報で決まったデータがあれば、空白のキャンパスで1から設定するのがおすすめです。

まとめ

当社はGoogleアナリティクスから自動的にパワポでレポートを生成できるサービスを提供しています。今回紹介した「ファネル分析」などのレポートも提供しているので、作業時間を短縮して分かりやすいレポートをお探しの場合は、ぜひこちらをご覧になってください。⇒https://kobit.in/goodbye-all-night


CATEGORY:

さあ、KOBITをスタートしよう。