KOBITブログ

動画コンテンツの真の価値!!どんな目的で動画を利用することができるか?

この記事は約 5分 で読めます。

business on line video marketing content concept.flat vector. background.marketing on line.video on line.mobile on hand.

動画は今やマーケティングに欠かせないツールとなりました。動画コンテンツを持つサイトは、そうでないサイトよりトラフィックが平均して41%高いという調査結果があります。動画がサイトトラフィックに及ぼす影響力はかなり大きいことが分かりますね。また、消費者の動画付きのサイト滞在時間が、そうでないサイトより81%長く、さらに77%の消費者は動画視聴をきっかけに購買決定を下すという調査結果もあります。このように、動画はトラフィックだけでなく、サイト上のユーザー体験、そしてコンバージョン数にも影響を与えるコンテンツフォーマットです。

購買決定を伸ばしてくれるため、動画コンテンツはEコマースビジネスで特に重要になってきます。しかし、動画を上手く使いこなしている企業は多くないのが現状です。というのも、多くの企業は「認知拡大」という目的で動画を利用しているだけだからです。

繰り返しになりますが、動画コンテンツはビジネスのあらゆる面で大きな価値をもたらしてくれます。「認知拡大」だけでなく、「ユーザー体験」、「SEO」、「リード顧客の獲得」、そして「売上促進」といった目的でも利用できるのです。この記事では、動画コンテンツがWebマーケティングにおいて、いかに価値あるものかを詳しく解説していきたいと思います。

「ユーザー体験」、「リード顧客の獲得」、「売上促進」における動画コンテンツの価値

消費者の76%はあらゆるコンテンツフォーマットがある中でも、動画フォーマットが1番好ましいと答えています。また51.6%のマーケターが、動画コンテンツは多くのユーザーを呼び込み、滞在させ、コンバージョン率を向上させる、最もROIが高いフォーマットだと答えています。

オンラインショッピングは非常に便利なものです。しかし、オンラインとオフライン体験には大きなギャップがあります。それがオンラインショッピングの大きな欠点の1つです。消費者はオンライン上では購入前に商品に触れることができません。クオリティを確かめたり、どのようにその商品が機能するかを確かめたりすることができないため、オンラインですぐに購入することを躊躇してしまうのです。ですので、多くの場合、消費者は購入前にわざわざオフライン店舗に立ち寄って品定めをします。

この欠点を補うのが動画コンテンツです。消費者は動画を見ることによって、どんな商品なのか、どのように機能して、どのように利用できるのかを理解することができます。これまでオフラインで行っていたことをオンライン上で可能になるので、動画コンテンツの利用は消費者体験、顧客ロイヤリティ、そして売上の向上に繋がるわけです。これが、動画コンテンツの真の大きな価値であり、これを理解することがEコマースビジネスの動画マーケターにとって重要な心構えとなります。

「認知拡大」、「SEO」における動画コンテンツの価値

さて、先ほど説明した動画コンテンツの価値は、最初に言及した「リード顧客の獲得」、「ユーザー体験」、「売上促進」の目的に繋がるものです。続いて、「認知拡大」と「SEO」における動画コンテンツの価値についても深く考えていきましょう。

多くの場合、消費者はGoogleなどの検索エンジンで自分のソリューションを探している際に、ブランドの商品やサービスを発見します。当たり前のことですが、一人でも多くのユーザーに検索エンジンに発見してもらうことで、商品やサービスの認知が拡大します。そしてそのためには、できるだけ高い検索エンジンランキングを獲得しなければなりません。ランキングの決定はバックリンクやコンテンツなど様々な要因が絡んできますが、動画コンテンツを利用することも要因の1つに含まれます。

というのも、動画をページに含めて、視聴してもらえればユーザー滞在時間が向上するからです。これはGoogleがページを評価する1つの指標ですから、質の高い動画を貼付けることはランキングアップに繋がるのです。その上で、検索キーワード対策をきっちりすれば、「SEO」における動画コンテンツの価値を最大限に引き出せます。

またソーシャルメディアコンテンツとして動画を利用することも、大きな認知拡大に繋がります。消費者の62%はニュースフィード上で新しい動画を発見します。その動画が商品やサービスに関するものであれば、ビジネスにおける「認知拡大」という目的に繋がりますね。さらにリンクなどを付けてトラフィックを促せば、「SEO」の向上にも繋がります。

まとめ

このように、動画コンテンツは「認知拡大」、「ユーザー体験」、「SEO」、「リード顧客の獲得」、そして「売上促進」と多岐に渡ってその価値を発揮するフォーマットです。セールスファンネルには、「認知」、「検討」、「購買決定」と3つのフェーズがありますが、全てのフェーズで活用できます。

むしろ、非常にユーザーからの好意や信頼が高いことから、全てのフェーズで動画コンテンツは含めていきたいですね。是非これら全ての価値を認識して、動画マーケティングを展開していって下さい。

参照:netimperative, Top tips: Unlocking the value of video for e-commerce


さあ、KOBITをスタートしよう。