KOBITブログ

17億もの広告が削除!? Googleの違反広告ポリシーと注意点

この記事は約 6分 で読めます。

businessman fired by his boss with a red card

オンライン広告がメディア界で主流になる中、多くのフェイク広告やトラップ広告が出回っているのも事実です。これらの違反広告は、時に個人情報を盗んだり、時にウィルスアプリのダウンロードを自動でさせたりと、ユーザーにとっては迷惑極まりないものです。

一方で、Googleはこういった違反広告の取り締まりを年々厳しくしています。2016年、Googleは独自の違反広告ポリシーを基に、17億もの違反広告を削除しました。その数は、2015年の2倍に上ります。今後もGoogleは違反広告の取り締まりを厳しくしていくでしょう。

さて、今からGoogleが違反広告と見なすものの例をいくつか紹介していきます。違反広告を意図していなくても、Googleポリシーに引っかかってしまうという可能性も十分考えられるので、皆さんがGoogle広告を配信する際の参考にして下さい。

違法商品の広告

例えば、健康関連商品の違反広告はかなり多いようです。Googleは、違法商品広告を非常によく見られるケースとして位置づけ、重点的に取り締まっています。

2015年、Googleは1250万もの健康関連の違反広告を、2016年には6800万の違反広告を削除しています。これは、広告作成以前の問題で、ビジネス自体を見直さなければなりませんね。

誤解を招く広告

曖昧な言葉、ユーザーに危険性を感じさせる言葉を巧みに使って、クリックさせる広告もよく見掛けますね。こういった広告で、莫大なお金を費やしてしまったり、ウィルスアプリをダウンロードしてしまったりした人もいるのではないでしょうか?

Googleはこのパターンの主なる広告事例を2つ紹介しています。

1つは、高額ペイデイローンです。広告文を曖昧にして、気づかずにユーザーに高金利ローンを貸し付けるというのは頻繁にあるようです。実際、Googleはこのたった6ヶ月で500万ものペイデイローン広告を凍結しました。

2つ目は、ウイルス広告です。ウイルスにもかかってもないのに、「このPCはウイルスにかかった可能性があります。今直ぐこのソフトを使ってチェック」といった広告を見たことがあるでしょうか?これも非常に多い事例です。Googleは2016年に1億1200万ものウイルス広告を削除しました。その数は、2015年のなんと5倍です。

また、効果を誇張したダイエット関連商品の広告も見掛けますが、こちらも誤解を招く広告として見なされるので気をつけてください。

自動クリック広告(モバイル)

モバイルで見られる違反広告です。あるリンクをクリックしたら、自動でアプリのダウンロードページに飛ぶといったケースです。

普通なら、「Apple storeに飛びますか?」という注意が表示されます。アプリのダウンロードだけでなく、ハイパーリンクをクリックしたら、全くアンカーテキストと関係ないページが表示されることもあります。Googleは、このような自動クリック広告を23000個、2016年に削除しました。

Tabloid Cloakersを利用した広告

Tabloid Cloadersとは、Googleの違反広告ポリシーから逃れる手法の1つです。上記に述べたような広告を、ニュースサイトのヘッドラインのようにデザインし、それをホットなニューストピックの中に紛れさせることで、これまでGoogleの監視を搔い潜ることができたようです。

もちろん、GoogleはこのTabloid Cloadersの存在に気づいていて、2016年にこのシステムを利用しているアカウントを1300以上凍結させました。

違反サイトの取り締まりも

先ほどまで違法広告にフォーカスを当ててきましたが、そもそもサイト自体が違反しているものもあり、Googleはこういったサイトも取り締まっています。

例えば、高額ペイデイローンがGoogleのポリシーに違反している話をしましたが、Googleは広告だけでなく、それに関わる8000ものサイトの削除も行ったようです。

他にもGoogleは、誇張したダイエット効果を唱ったサイトを47000、悪質ソフトウェアを掲載しているサイトを15000、ブランド商品の偽物を売り出している商品を6000も凍結していると報告しています。

マーケターが注意すべき点

違法商品やソフトウェアの取り扱いはビジネス自体に問題があるので、特にここでは言及しません。マーケターが最も注意すべきなのは、誤解を招く広告文です。

ユーザーを惹き付けるために、多少は誇張して広告文を作ることが多いと思います。それ自体は立派な戦略なので悪くはないですが、行き過ぎてしまうということはあるかもしれません。

行き過ぎた誇張広告は、恐らく即刻Googleポリシーに引っかかって削除されてしまうでしょう。ですので、広告を配信する際は、広告分が誇張されすぎていないかをしっかり確認する必要がありますね。

まとめ

様々な違反広告を紹介してきましたが、Googleは今後もこの取り締まりを強化していくと思います。強化することで、変なサイトやダウンロード画面に飛ばされることがなくなり、我々ユーザーのGoogle体験も向上するでしょう。

先ほど述べたように、マーケターとしての注意点もありますが、まずはユーザーとして違反広告の取り締まりは嬉しいニュースの1つですね。

参照:Google Inside Adwords, How we fought bad ads, sites and scammers in 2016


さあ、KOBITをスタートしよう。