KOBITブログ

MailChimpはもはやメールプロバイダーではなく、マーケティングプラットフォームである!?

この記事は約 5分 で読めます。

Concept view of of doing courses on Internet with a technology interface

MailChimpは、世界で多くの企業によって利用され、今やメルマガマーケティングには欠かせないツールとなっています。多くのメールテンプレート、柔軟なデザイン作成、リストの管理などの機能が非常に使い易く、かなりの人気を博しています。

このように、メールプロバイダーツールとして確固たる地位を築いているわけですが、今MailChimpはメルマガをただ配信するだけに留まらないものとなっています。FacebookやShopifyなどと統合した機能を持つことで、Webマーケティングの包括的な戦術に欠かせないツールとなっています。

MailChimpでFacebook広告キャンペーン!?

先日、MailChimp内でFacebook広告キャンペーンをセッティングできるようになりました。プラットフォーム内に様々な種類のリストを抱えていますが、これらのリストをターゲットにFacebook広告のキャンペーンを作成することができます。

しかも、ただリストに入っているユーザーだけがターゲットになるわけではなく、リストの情報とFacebookアカウント情報を基に「似ているユーザー」を特定しターゲットユーザーに含めることができます。つまり、幅広く、且つより最適なターゲットに広告を配信することができます。

実は、以前からもMailChimpのリストをターゲットにFacebook広告を配信することができました。しかし、それはリストをCSVにダウンロードして、Facebook広告アカウント内にアップロードするといった、手間な作業が必要でした。

リスト内に修正を加えた時には、再度同じ作業を繰り返さないといけなかったので、利用していた人は非常に面倒くさく感じていたかもしれません。今回のアップデートで、ターゲットから広告作成、配信まで全てMailChimp内で出来ることから、効率的な広告配信が可能となります。

Shopifyと連携した再訪問率のアップ

Shopifyと連携した機能にAbandoned Cartというものがあります。オンラインショッピングの際、まとめて購入するために商品をカートに入れると思うのですが、そのカートの67%は購入されずに破棄されているようです。

「間違えてカートに入れてしまった」という理由も含まれると思いますが、途中で自分の金銭的状況や気分で破棄するケースもあります。そういったユーザーには、再度購入を検討して欲しいものですよね。

MailChimpでは、ユーザーリストの情報とShopifyの情報の情報を結びつけ、破棄したユーザーを認識することで、そのユーザーに対して破棄した商品をレコメンドするメールを自動で配信することができます。

また、Product Recommendationsという機能も存在します。これは、Shopifyで構築されたECサイトのユーザー訪問データから、そのユーザーの興味・関心のある商品を自動で提案し、レコメンデーションメールを送ってくれるというものです。メールは、商品購入後や顧客の購買頻度が減ってきた時に配信することができます。

このように、ECサイト構築サービスとも連携することで、ユーザーの購買履歴や興味・関心に合わせたメルマガ配信が可能となります。

WebマーケターにとってのMailChimpの重要性

最初にも述べたように、MailChimpはもはやメールプロバイダーツールではなく、マーケティングツールと位置づけて良いでしょう。

特に、MailChimpが重要になってくるのはPeople-Basedマーケティングを展開する時です。People-Basedマーケティングとは、個人1人ひとりにあったマーケティングアプローチをしていくという概念で、2017年の重要なキーワードの1つです。

個々をしっかり認識して、興味や関心、購買状況を把握しないといけないので、People-Basedマーケティングにおいてメーリングリストは非常に重要になってきます。

上記で述べたように、MailChimpは、メール配信だけでなくリストを利用したターゲティングや顧客管理をすることができます。そういう点で、今後People-Basedマーケティングを展開する際、MailChimpの利用は必須となってくるのではないでしょうか?

まとめ

People-Basedマーケティングで重要になってくるということで、MailChimpはもしかしたら2017年のトレンドになるかもしれません。まだ利用していない人はすぐにアカウントを作成し、既に利用している人はこの記事で紹介した素晴らしい機能を活用していきましょう。

参照:
MARTECH, MailChimp moves toward becoming a marketing platform with Facebook ads feature 
MailChimp Blog, Introducing Facebook Ad Campaigns 


さあ、KOBITをスタートしよう。