KOBITブログ

ユーザー動向のトラッキング計測を適切に行う! クロスドメインのやり方

この記事は約 12分 で読めます。

ユーザーをクロスドメインでトラッキング

クロスドメインという言葉を聞いたことはあるでしょうか?Googleアナリティクスで、複数の異なるドメインにまたがるページ遷移を計測する時に必要なものです。

今回は通常の2つのドメイン間でのクロスドメインより一つ多い3つのドメインの設定を行いましたので、そのコードを紹介したいと思います。

Google アナリティクスの計測の仕組み

Googleアナリティクスとはご存知の通り、無料で使えるWebアクセス解析のツールです。サイトへのアクセス状況のデータをGoogleアナリティクスは蓄積していきます。

このアクセスの計測のためには、トラッキングコードが必要になります。トラッキングコードはJavaScriptというプログラミング言語で書かれており、以下のようになっています。

通常のコードただし、普通のトラッキングコードでは、複数のドメインにまたがったセッションをトラッキングすることはできません。クロスドメイントラッキングをするためには、上記コードの赤で囲まれた部分を変更する必要があります。

今回はKOBITで扱う以下のように3つのドメインを用いてクロスドメインを作成していきます。

  • kobit.in
  • kobit.zendesk.com
  • report.kobit.in

トラッキングコードの書き方

2つのドメイン間

まず各ドメインでのクロスドメインコードを紹介したいと思います。クロスドメイントラッキングを使用するには、トラキングコードスニペットを設定する必要があります。今回はXXXXX.comとYYYYY.comをまたがるセッションを計測したい場合を考えます。

クロスドメインのためのトラッキングコードは以下のようになります。

  • XXXXX.comでのトラッキングコード

ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXX-X’, ‘auto’, {‘allowLinker’: true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘YYYYY.com‘] );
ga(‘send’, ‘pageview’);

  • YYYYY.comでのトラッキングコード

ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXX-X’, ‘auto’, {‘allowLinker’: true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘XXXXX.com‘] );
ga(‘send’, ‘pageview’);

ポイントは、XXXXX.comのトラッキングコードに
ga(‘linker:autoLink’, [‘YYYYY.com‘] );
を記述すること。そして、YYYYY.comのトラッキングコードに
ga(‘linker:autoLink’, [‘XXXXX.com‘] );
の記述をすることです。

KOBITの例を紹介

太字ハイライトの部分を皆さんのサイトに応じて書き直しましょう。 例えば、kobit.inとreport.kobit.inドメインでのトラッキングコードは以下のようになっています。

  • kobit.inでのコード

ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXX-X’, ‘auto’, {‘allowLinker’: true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘report.kobit.in’]);
ga(‘send’, ‘pageview’);

  • report.kobit.inでのコード

ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXX-X’, ‘auto’, {‘allowLinker’: true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘kobit.in’] );
ga(‘send’, ‘pageview’);

3つのドメイン間

3つのドメインをまたがるセッションを計測したい場合も同様に修正を行うことができます。3つ目のドメインをZZZZZ.comとします。この時の各ドメインでのトラッキングコードは以下のようになります。

  • XXXXX.comでのトラッキングコード

ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXX-X’, ‘auto’, {‘allowLinker’: true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘YYYYY.com’, ‘ZZZZZ.com’] );
ga(‘send’, ‘pageview’);

  • YYYYY.comでのトラッキングコード

ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXX-X’, ‘auto’, {‘allowLinker’: true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘XXXXX.com’, ‘ZZZZZ.com’] );
ga(‘send’, ‘pageview’);

  • ZZZZZ.comでのトラッキングコード

ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXX-X’, ‘auto’, {‘allowLinker’: true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘XXXXX.com’, ‘YYYYY.com‘] );
ga(‘send’, ‘pageview’);

XXXXX.comとYYYYY.comのコードから分かるように、3つ目のドメインを加えるだけになります。とても単純ですね。

KOBITで3つのクロスドメインをやると…?

kobit.inとreport.kobit.in、そしてkobit.zendesk.comのドメインでのトラッキングコードは以下のようになっています。

  • kobit.inでのコード

ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXX-X’, ‘auto’, {‘allowLinker’: true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘report.kobit.in’, ‘kobit.zendesk.com’]);
ga(‘send’, ‘pageview’);

  • report.kobit.inでのコード 

ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXX-X’, ‘auto’, {‘allowLinker’: true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘kobit.in’, ‘kobit.zendesk.com’] );
ga(‘send’, ‘pageview’);

  • kobit.zendesk.comでのコード

ヘッダーのソースコードに次のトラッキングコードを加えます。
ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXX-X’, ‘auto’, {‘allowLinker’: true});
ga(‘require’, ‘linker’);
ga(‘linker:autoLink’, [‘kobit.in’,’report.kobit.in’] );
ga(‘send’, ‘pageview’);

このようにコードを書くことで、3つのドメインにまたがるセッションを簡単に計測できるようになります。見て分かるように、3つ以上のドメインについても同様にトラッキングコードを書き換えることで、計測が可能です。ユーザーの動向を正確に分析できるため、サイト運営における本当の課題が分かるようになります。

参照元除外設定

注意しなければならないのは参照元除外設定を行う必要があるということです。これを行わないと、ドメイン間をユーザーが推移したときに、「別ドメインから参照された」という計測になってしまいます。
その手順は以下のようになります。(ただし、管理権限がないとこの作業はできません。)

  • 管理画面のプロパティ列ートラッキング情報にある「参照元除外リスト」をクリック

参照元除外リスト

  • 次に表示される画面で「参照の除外を追加」からドメインを追加

参照元除外リスト追加

今回はkobit.zendesk.comとreport.kobit.inを追加します。

参照元除外リスト追加例

追加を終えたら、設定が正しいかもう一度確認しておきましょう。

参照元除外リスト確認

フィルタ設定

ここでは、Google Anayticsにおいて、ドメイン名からデータを表示するための設定を行います。なぜフィルタ設定が必要なのでしょうか?

例えば、kobit.in/とkobit.zendesk.com/ を使って考えてみます。フィルタ設定を行っていない場合、ユーザーがkobit.in/topics→kobit.zendesk.com/hc/jaという遷移をしていても、Google Analytics上では、「/topics → /hc/ja」と表示されてしまい、ユーザー遷移の分析が難しくなります。

フィルタ設定を行うことで、Google Analyticsでも「kobit.in/topics → kobit.zendesk.com/hc/ja」と結果が表示されるので、データ分析を容易にするためにフィルタ設定が必要になります。設定の方法は以下のとおりです。

  • 1. Google Analyticsの管理画面から、該当するビューの「フィルタ」をクリック

クロスドメイン フィルタ設定 管理画面

  • 2. 「フィルタを追加」をクリックして、新フィルタを追加する

Google Analytics フィルタを設定

  • 3. 生成されたフィルタ名をクリックし、フィルタ情報を設定

フィルタ設定 記入内容

特に重要になるのが、「フィールドA>引用A」」、「フィールドB>引用B」と「出力先>構成」の欄になります。各項目について見ていきましょう。

  • フィールドA>引用A
  • 値を全部変数に入れるという意味のある「(.*)」を入力します。これで、ホスト名を全てフィールドAに代入することになります。

  • フィールドB>引用B
  • ここでも「(.*)」を入力します。リクエストURLを全てフィールドBに代入することになります。

  • 出力先>構成
  • 「$A1$B1」と入力しましょう。これにより、フィールドAに代入されたホスト名とフィールドBに代入されたリクエストURLが、ホスト名+リクエストURLという形で表示されます。

クロスドメインが計測できているか確認

さて、クロスドメインが正しく計測できているか確認してみましょう。ドメイン間を移動しても、あたかも同一サイト内を移動しているように、Google Analytics上で計測できることがポイントです。

例えば、オーガニック検索でXXXX.com/index.html に流入し、その後YYYY.com/test.html、そしてZZZZ.com/testtest.html に移動したとします。このとき、現在ZZZZ.comにいるユーザーの情報を調べたときに、「YYYY.comが参照元で流入した」となっていたら、クロスドメインは設定できていません。これが「オーガニックからページXXXX.com/index.html に流入し、ページYYYY.com/test.htmを見てZZZZ.com/testtest.htmlをに流入した」ということが分かれば、クロスドメインができているということになります。

ここで、簡易的にクロスドメインが設定できているかチェックする方法を、KOBITの例を元に説明します。

KOBITの例を元にクロスドメインの計測をチェック

あるユーザーが「KOBITサポートセンター」と検索しkobit.zendesk.com に流入し、そこからリンクを辿ってKOBITのトップページに移動した場合を考えます。
つまり、オーガニック検索→kobit.zendesk.com→kobit.inと移動したことになります。

Google Analytics上すぐに確認するにはリアルタイム計測機能を利用します。レポート画面のリアルタイム→コンテンツを選択・クリックします。ここでは、直前30分間のページビュー数とアクティブユーザーを確認できますので、アクティブユーザーの結果を表示させます。

Google Analytics クロスドメイン確認1

上図のように、アクティブユーザがいるページが表示されるので、「kobit.in/」をクリックします。

クロスドメイン kobit.in/

すると、オーガニック検索からやってきた一人のアクティブユーザーがkobit.in/にいるという結果がでました。クロスドメインを設定していないと、オーガニック検索→kobit.zendesk.com→kobit.inと移動した場合、メディアの欄に「参照」と表示されてしまいます。クロスドメインがうまくいっているということが分かります。

次に、オーガニック検索→kobit.in→report.kobit.in→kobit.zendesk.comと移動した場合を考えます。先ほどと同様に、レポート画面のリアルタイム→コンテンツをクリックして表示される画面から、「kobit.zendesk.com/hc/ja」をクリックします。

Google Analytics クロスドメイン確認2

ここでも、メディアの欄は「参照」ではなく、「オーガニック検索」となっていますので、クロスドメインを正しく計測できています。

kobit.zendesk クロスドメイン

まとめ

このように、コードを少し変えるだけで、クロスドメインを計測でき、ドメイン間のユーザー遷移を正しく把握する事ができます。これにより、サイトの分析や改善を行うことができますので、まだクロスドメインを使用していない方やうまくいっていない方も是非設定を行ってみましょう。


さあ、KOBITをスタートしよう。