KOBITブログ

インドだけ?Googleが無料モバイルサイト構築ツールとデジタルスキルトレーニングプログラムを発表!!

この記事は約 6分 で読めます。

Study word cloud collage, business concept on blackboard

年始から大きなニュースが発表されました。Googleはさらなるオンライン上のモバイル化を進めるために、My Business Websitesという無料モバイルサイト構築ツールをリリースすることを発表しました。同時に、インドのスモールビジネスのデジタルマーケティングスキルを向上させるためのトレーニングプログラム Digital Unlockedも発表しました。

My Business Websitesの概要

まだ具体的なツールの仕様は明らかになっていませんが、HTMLやCSSの特別な知識がなくても、簡単に最適なモバイルサイトを構築できるものだとGoogleは述べています。

My Business Websitesは今のところ、英語、ヒンディー語、ベンガル語など全10言語に対応しているようです。ちなみにリリース自体は2017年末のようです。他の国でのリリースですが、それは未だ明らかになっていません。

実は以前もGoogleは同様の”HowToGoMo”というモバイルサイト構築ツールを2011年にリリースしていましたが、すぐに閉鎖しています。恐らく、まだモバイル化の需要が追いついていなかったのでしょう。

しかし、ここ2年程で発展途上国でもスマートフォンの普及が加速し、モバイル化の需要は世界的に大きく伸びてきました。それを背景に、Googleは去年2016年にモバイル専用のハイローディングページAMPや、モバイル優先インデックスを本格的に実行していくと発表しました。

既にモバイル化の必要性は周知の事実ではありますが、2017年は確実にそのモバイル化が急速に伸びていくと予想されます。

しかし、モバイル化を伸ばすにはモバイル版のWebページを増やしていかなければなりません。モバイルページを構築するには専門的知識が必要です。ですので、Googleは専門的知識がなくてもモバイルページを構築できるツールを再度リリースすることを決定したと考えられます。

Digital Unlockedの概要

Digital Unlockedは、インドのスモールビジネスに基本的なデジタルマーケティングの知識を付けてもらうために作られたトレーニングプログラムです。プログラムはオフラインとオンラインの両方で提供されます。

オフラインプログラムは、インドのビジネス活性化に努めるNPO団体FICCIと共同で行うようです。今後の3年間で、インドの40の都市で5000ものワークショップを開催することを目標にしています。

一方でオンライントレーニングは、無料で90もの動画で行われます。動画の内容は、Webプレゼンスの構築法、モバイルや動画を利用した消費者のアプローチ法など、デジタルマーケティングの基本的な知識を網羅しています。

何故インドだけ?

ここに疑問を感じる人は多いでしょう。結論から言えば、インドのインターネット市場の成長潜在能力が非常に高いからです。

まず一般ユーザー視点で考えてみましょう。インドでのインターネットユーザーは4億6000万人です。この数字を聞くと、日本の人口より多いので、既に飽和しているように思えます。しかし、インドの人口は12億人を超えています。単純計算でインターネットの普及率は40%にも満たないのです。

つまり、まだまだ市場に大きな隙間があるわけです。その大きさは中国を超えています。これを理由に、インドに焦点を置くネット関連ビジネスは非常に多いです。実際、Black Berryもインドのみで新しいスマートフォンを昨年、2016年にリリースしています。

続いて企業視点で考えています。現在インドでは小規模ビジネスが急速に発達しています。現在のインドのGDPの10%は小規模ビジネスから来ているようです。この数値は、2020年までに46−48%までに上るとも言われています。

凄まじい数値ですよね。しかし一方で、現在存在するインドの小規模ビジネスでオンラインアプローチ出来ている企業は、たったの32%しかないとGoogleの独自の調査で分かりました。

このように、インドのインターネット市場の成長潜在力は非常に高いのです。そこを突いて、Googleは今回の2つの新たなサービスをインドのみで発表したのだと考えられます。

ネットユーザーが増えると同時に、インドのオンラインビジネスが活性化すれば、それこそ新たな市場を切り開けるかもしれないですし、何よりGoogleが目指す世界的なモバイル化を実現することにも繋がることでしょう。

まとめ

これらの2つのサービスが他の国でもリリースされるか?という問題ですが、全く明らかになっていません。ただ1つ言えることは、Googleが他の国にも手を伸ばすとしたら、インドのようにインターネット市場に隙間がある国が優先されるのではないか?と私は考えます。

個人的には日本にも是非これらのサービスを提供して欲しいものです。やはり、まだまだデジタルマーケティングの教育も充実していませんし、技術者も非常に足りません。実際、インドと同様で、オンラインでのアプローチがしっかり出来ている小規模ビジネスは少ないのではないでしょうか?期待したいものです。

参照:
Marketing Land, Google launching free mobile site creation tool in India, will it come to North America? 
CIOL, Google CEO unveils digital tools and training prog. aiming to help Indian SMBs go online


さあ、KOBITをスタートしよう。