KOBITブログ

Google Anlyticsの滞在時間は長い方がいい?滞在時間を見る上で注意したいこと

この記事は約 6分 で読めます。

Business, Technology, Internet and network concept. Business man working on the tablet of the future, select on the virtual display: Analytics

今回は、Google Analyticsの滞在時間について掘り下げていきたいと思います。

前半は、用語の意味、サイトの滞在時間を見ていくときにどのような注意が必要なのかを見ていき、そして後半には上級Web解析士である弊社代表の窪田が、滞在時間の長さとサイトの改善ポイントについて解説を行っています。

そもそも、Google Analyticsをはじめとしたアクセス解析では、技術的に追跡可能なデータから「平均滞在時間」や「直帰率」のような結果として言えることを定義しています。そのため、データの数値と実際のユーザーの行動が完全一致するわけではないことを頭の片隅に入れて読み進めてみてください。

「サイト滞在時間」、「直帰率」とは?

まずはサイトの滞在時間について見ていきます。 サイト滞在時間とは、ざっくりいえば、あるユーザーがどれだけそのサイトに滞在したかを示しています。ただ、正しく理解するために先ほどお話したようにどのようなデータをとっているのかも合わせて確認しましょう。

「サイトの滞在時間」は、各ページの滞在時間の和となっています。そして、「ページの滞在時間」はユーザーのページの閲覧開始から、次のページの閲覧開始までの差を示しています。 ここで注意してほしいのは、ページの閲覧終了のタイミングを計測している訳ではないということです。例えば、あるユーザーがページAを見て、次のページを見ずにプラウザを閉じたとすると、計測することができないためページAの滞在時間は0となります。このように、実際のユーザーの行動とデータとの間に多少の乖離が生じています。

次に、直帰率について見ていきましょう。 Google Analyticsの活用にあたって、「直帰率」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

直帰率とは、1 ページしか閲覧されなかったセッション(ユーザーが閲覧を始めたページから他のページに移動することなくサイトを離脱したセッション)の割合です。

つまり、1ページの閲覧のみでサイトを離脱してしまった割合を直帰率といいます。この場合、前述した通り、閲覧時間は0、となります。

「平均サイト滞在時間」と「平均ページ滞在時間」

「平均サイト滞在時間」は、サイトの滞在時間を訪問数で割ったものです。同様に、「平均ページ滞在時間」は、ページの滞在時間をページビュー数で割ったものです。

この二つの平均滞在時間ですが、先ほどお話した「直帰」についての扱いが少し異なっています。

あるユーザーがあなたのサイトを訪れて「直帰」してしまった場合、どちらも、訪問数・ページビュー数は1として数えられます。

しかし、平均サイト滞在時間は、滞在時間はゼロであっても1訪問としてカウントされるのに対し、平均ページ滞在時間では、滞在時間がゼロとしてカウントされたページビュー数に関しては平均の計算の中には含めていません。

もし、ページの平均滞在時間が0秒なんて表示がなされているとしたら、ユーザーが全く見ていないというわけではなく、そのページで直帰したか、もしくは最後にそのページを閲覧して離脱してしまっていると考えられます。

滞在時間は長い方が良い?

(窪田)滞在時間の話でいうと、短い方がいいのか、長い方がいいのかで議論が別れるケースがあります。普通に考えると、滞在時間は長い方がいいですよね。それだけユーザーのロイヤリティーが高そうですし、滞在してくれている方がコンバージョンにもつながりやすいイメージがあるからです。

ですが、全てのページで滞在時間は長い方がいいでしょうか? 実はそうなってくると話は変わってきます。

例えば、「ナビゲーションページ」を考えてみましょう。 ECサイトなどでは、商品を選び、購入するという流れがあります。目的の商品を絞り込むために、ディレクトリー検索をしたりしながら、移動をしていきます。

ここでユーザーの気持ちになってみましょう。ユーザーとしては明確に購入する商品を決めているとします。その場合、ナビゲーションはなるべくスムーズで滞在時間が短い方がいい、ということになります。

日常生活を思い浮かべてみましょう。あなたはスーパーマーケットに行き、お米を買おうと思いました。そのため、お米コーナーを探しますが、なかなか見つかりませんでした。10分経ってようやくお米コーナーを見つけたあなたはヘトヘトになって、購入しましたが、次回からはネットショップで購入した方が楽だなあという感想を抱きました。

この場合、「滞在時間」は確かに伸びますが、その分ユーザー満足度は下がります。果たして、これはサイトとして良い結果と言えるでしょうか。決してそうではないでしょう。

一方でナビゲーションページだからと言って、「滞在時間」は必ず短い方がいいかどうか、というとまた話は変わってきます。

これも日常生活を思い浮かべてみましょう。先ほどはスーパーの例を出しましたが、ドン・キホーテで買い物をする時はどうでしょうか。ドン・キホーテでは雑然とあらゆる商品が並んでいます。そのおかげで明確な商品を購入する意思がなくても、店内に入るだけで楽しい時間を過ごすことができます。

面白いPOPを見つけ、来店前には思ってもいなかった商品を購入して外に出る、そんな体験はないでしょうか。 この場合、「滞在時間」は長くなります。ですが、ユーザー体験としては、決して悪い体験ではないでしょう。

そのため、自社のサイトのある機能において、「滞在時間を短くしたい」のか、「長くしたいのか」は変わってきます。選択する際の軸はユーザーの体験をどこに設定するかというUX戦略に依存するでしょう。

まとめ

サイトの滞在時間は、サイトのなかでのそのページの機能によって、長い方がいいのか、短い方がいいのか変わっていきます。ユーザーの体験を軸として戦略を立てていきましょう。


さあ、KOBITをスタートしよう。