KOBITブログ

初心者でもすぐに分かる!Search ConsoleにおけるGoogle インデックスの見方

この記事は約 5分 で読めます。

重厚な本と金色の天秤

Search Consoleを用いてサイト運営をしたいが、各項目をどのように見たらいいか分からないという悩みをお持ちの方はいらっしゃると思います。本記事ではSearch Consoleの項目の中から「Googleインデックス」の見方を解説していきます。その他の項目については、KOBITブログ | Search Console にて随時更新していますので、是非ご覧ください。

Google インデックス

「Google インデックス」というメニューは下図のようにSearch Consoleのダッシュボードからアクセスできます。

Google インデックス

「Google インデックス」をクリックするとさらに「インデックスステータス」、「ブロックされたリソース」、「URLの削除」を選択することができます。各項目について見ていきましょう。

Google インデックスメニュー

インデックスステータス

URLがGoogleにより正しくインデックス登録されているかどうかを確認することができます。「インデックスステータス」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。ページは基本と詳細の2つのページで構成されています。

基本ページ

インデックスステータス 基本ページ

基本ページでは、インデックスに登録されたページの総数やその推移がグラフで確認できます。また、検索結果に表示されるURLの数と考えることもできます。グラフからインデックスの更新の日時が分かるようになっています。さらにグラフ上にカーソルを合わせるとある特定の日時でのインデックスに登録されたページ数が表示されます。この日時は1週間間隔となっています。

Googleインデックスステータス 特定日時

詳細ページ

「詳細」のボタンをクリックすると、インデックスに登録されたページ数に加えて以下の項目を確認できます。

  • ロボットによりブロック済み

robots.txtによりGoogleのクローラーがインデックスを行うことができなかったURLの数になります。

  • 削除済み

削除したURLの数になります。

Google インデックスステータス 詳細

これら2つの項目は数が少ないため、サイトの規模によっては見づらくなる場合があります。その時には下図のように表示したい項目のみを選択し、更新をクリックすることで、見やすいグラフを作成することが可能です。

Google インデックスステータス 見たい項目

インデックスステータスを確認した際には、以下の点に当てはまっていないか注意しましょう。

  • インデックス数が着実に増えていない

対策を行ったのにも関わらずインデックス数が増えない場合、Googleがサイトのコンテンツを認識できていない可能性があります。

  • インデックス数が急激に減少している

Googleがサイトにアクセスできていない、またはサーバに負荷がかかりすぎている可能性があります。

  • サイトのインデックス数が異常に多い

サイトがハッキングされている、または正規化されるべきページが重複してインデックスされている可能性があります。

ブロックされたリソース

ブロックされたリソースでは、Googlebotのアクセスをブロックしている要因が分かります。アクセスを不必要にブロックすると、レンダリングやインデックス登録が行われず、検索結果でのランキングが下がってしまいます。

「ブロックされたリソース」をクリックすると以下のような画面が表示されます。

ブロックされたリソース

ブロックされたリソースを含むページ数の推移が確認できます。今回の場合では、自分のサイトではなくhttps://scontent-ort2-1.xx.fbcdn.net(Facebookのいいねボタン)が原因になっているようです。

問題を解消するには、「robots.txtテスター、サイトマップから見えるサーチコンソールを用いたサイト運営」https://kobit.in/archives/6201で説明したようにrobots.txtファイルの編集を行いましょう。

URLの削除

最後に「URLの削除」メニューについて見ていきましょう。これは会社の機密情報のように検索結果に表示されるといけないものが誤って検索結果に出ている場合に使用する機能となります。「URLの削除」では一時的に非表示にすることしかできません。

その手順は以下のようになります。

1. 「一時的に非表示にする」をクリック

URLの削除 ステップ1

2. 表示されるウィンドウに非表示にしたいサイトのURLを入力し、続行をクリック

URL入力 続行

3. 削除対象のサイトが合っているかを確認し、「リクエストを送信」をクリック

URL削除 リクエスト送信

これで一時的に非表示にするための手順は完了になります。Google検索から完全に削除するためには以下のようにしましょう。

  • パスワードを設定して、アクセスをブロックする
  • コンテンツを削除して、404(Not Found)または410(Gone)を返すようにする。このときHTML形式以外のファイルを完全に削除する。

以上で、Googleインデックスについての説明は以上になります。インデックス登録は検索順位に大きく影響を及ぼすので、問題が発生していた場合には早急に解決するようにしましょう。


さあ、KOBITをスタートしよう。