KOBITブログ

Google スマホ優先インデックスに適したスマホ対応サイトとは?

この記事は約 8分 で読めます。

SEO business web icon tablet concept. Man holding tablet computer with cloud search engine optimization word and cloud network businessman people social network team internet technology

2016年11月18日(米国時間)からGoogleはサイトインデックス登録の際、デスクトップサイトではなくスマホサイトから先に行うテストを開始しました。

以前までは、デスクトップサイトからGoogleはサイトインデックスを行い、検索結果ランキングを行っていましたが、この取り組みがテストから本格化されると、全てのサイトがまず行わなければならないのがスマホ対策です。

スマホ対策には、レスポンシブウェブデザイン、ダイナミックサービング、URLセパレート型対策の3つの種類があります。それぞれメリットとデメリットがあり、スマホ対策として利用している手法はサイトによって様々です。

そして今回のGoogleのアップデートの影響は、スマホ対応法によって各々異なります。この記事では、3種類のスマホ対応法が受けるモバイル優先インデックスの影響について考えていきたいと思います。

モバイル優先インデックスはこれまでと何が変わるか?

まずは簡単にこのテーマについて考えてみたいと思います。まずGoogleはインデックスする際、そのサイトのコンテンツ、キーワード、構造を分析します。

それを基に、コンテンツの関連性や質を評価して検索結果に反映していきます。これが、以前まではデスクトップサイトで行われていたのが、スマホサイトで行われるということです。

この変化によって何が問題になるかというと、デスクトップサイトとスマホサイトのコンテンツが異なるサイトが存在するということです。多くの場合、ユーザーはスマホ上で多くの情報量を読むことを嫌うので、簡略化してしまうケースです。しかし、時にその取り組みはユーザーにとって情報不足となり、ユーザーエクスペリエンスの価値を下げることに繋がります。

これまで、デスクトップサイトが優先されていたので、スマホサイトの情報不足はそれほど検索結果ランキングに影響が出ませんでした。しかし、スマホサイトが優先的にインデックスされるようになると、スマホ版で情報が乏しくなってしまったサイトは、ランキングを下げてしまう可能性が大いに有り得るという事態になってしまうのです。

もちろん、デスクトップとスマホでサイト構造が異なるというサイトも存在します。これまで、デスクトップ版の構造だけ最適化してきたサイトは、同様の理由で検索結果ランキングを下げてしまう可能性が出てきます。

3種類のスマホ対策法

ここからは、レスポンシブウェブデザイン、ダイナミックサービング、URLセパレート型対策の3種類のスマホ対策法について説明しながら、今回のGoogleアップデートがどのように影響してくるかについて説明します。その上で、各々の特徴とスマホ優先インデックスを総合して、どの手法が最適かも考察していきたいと思います。

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインとは、1つのURLとHTMLで、デバイススクリーンに合わせて表示形式を変えるスマホ対策法のことです。デスクトップであるサイトを見ていて、ブラウザーのスクリーンサイズの幅を狭めると、自動的にデザインが変わるサイトがありませんか?これがレスポンシブウェブデザインです。

このメリットは、まずURLとHTMLが1つであることです。あるページのコンテンツを変える際、変更すべきHTMLは1つであることから、1度ページを作成してしまえば管理が簡単なのです。

しかし、1つのHTMLのコーディングでスマホ、デスクトップ版に反映されてしまうので、最初の構築の際は非常に慎重な設計が必要になるのがデメリットです。

今回のGoogleのアップデートの影響ですが、レスポンシブウェブデザインはデスクトップとスマホページのコンテンツと構造は、ほぼ連動していますので、影響はないと考えて良いでしょう。

つまり、既にこの手法を取り入れているサイトなら、デスクトップが優先だろうと、スマホが優先だろうと、これまでと変わらない評価が下されると考えられています。

ダイナミックサービング

ダイナミックサービングは、URLは1つですがHTMLはデスクトップ版とスマホ版で2つ存在します。ユーザーがデスクトップでサイトにアクセスしたらデスクトップ版、スマホでアクセスしたらスマホ版が自動で表示されます。

メリットは、デスクトップ版とスマホ版でHTMLが別れているので、片方のデバイスのコンテンツやデザインを変えたい時に、他方の変化をいちいち考えないで良い点です。

また、デバイス毎に最適なサイズの画像の埋め込みやサイト構成を組めるので、ローディングスピードが速くなります。しかし、コンテンツを分けているので、運営の手間やメンテナンスに時間とコストが掛かるのがデメリットです。

そして、このコンテンツを分けているということが、スマホ優先インデックスの影響を大きく受けます。先にも述べた様に、スマホ版を簡素化しようとしてコンテンツ不足になってしまうケースがあります。

デスクトップ優先インデックスならば、フルコンテンツで評価され、それがスマホ検索結果にもほぼそのまま反映されていました。しかし、スマホ優先になり、スマホ版がコンテンツ不足と判断されると、スマホとデスクトップ版両方とも検索結果ランキングが下がることになります。

ですので、もしダイナミックサービングを採用している場合、自分のサイトのスマホ版のコンテンツの充実度をしっかりケアする必要があります。

URLセパレート型対策

URLセパレート型対策は、デスクトップ版とスマホ版でそれぞれURLとHTMLを1つひとつ持つ手法です。これは最も古いスマホ対策と言って良いでしょう。スマホ版で、URLの始めに”m.”を見たことがあるでしょうか?これがURLセパレート型対策です。

さてメリットですが、ダイナミックサービングと同様で、HTMLがデスクトップ版とスマホ版で別れていますので、他のデバイスを気にすることなくデザインやコンテンツを編集出来る点です。

しかし、URLが別れているという点が大きなデメリットとなります。例えば、Facebookでデスクトップ版のページをシェアし、ユーザーがスマートフォンでアクセスした場合、スマートフォン画面でデスクトップ版が表示されます。

これは非常に見にくく、ユーザーエクスペリエンスを下げます。リダイレクトでこの問題を解消できますが、次はその分ローディング時間が長くなるという問題が発生します。さらに、デスクトップ版とスマホ版の異なるURLでほぼ同じ内容のコンテンツが表示されることから、重複コンテンツとGoogleが判断するリスクもあります。そのため、Googleはこのスマホ対策法を推奨していません。

さて、スマホ優先インデックスですが、もうお分かりの通り、デスクトップ版とスマホ版でコンテンツが異なるという点で大きな影響を受けるでしょう。スマホ版のコンテンツ不足で検索結果ランキングが落ちる可能性が大いに考えられます。

スマホ優先インデックス時代!!最適なスマホ対策法は?

先に述べておきますが、3つの中でURLセパレート型はもう避けておくべきですと考えます。Googleからも推奨されていない、リスクも多いという点で、スマホ優先インデックスとは関係なくお勧めできません。

ですので、レスポンシブウェブデザインとダイナミックサービングの2つで考えて行きたいと思います。ここまでで、レスポンシブウェブデザインの方が良いと考える人が多いかもしれません。しかし、必ずしもそうとは限りません。

コンテンツの種類、量が非常に多いサイトだと、それをレスポンシブウェブデザインで管理するのは非常に困難でしょう。例えば、ECサイトはまずレスポンシブウェブデザインで管理することは不可能でしょう。こういったサイトの場合は、やはりダイナミックサービングが機能します。

ブログやネットメディアサイトですと、サイト構成やデザインがそれほど複雑にならないので、レスポンシブウェブデザインが効率的で機能するでしょう。

つまり、今後スマホ対策する際は、自分のサイトがどの程度複雑かで、レスポンシブウェブデザインかダイナミックサービングかを選択することをお勧めします。

そして、スマホ優先インデックスが本格化するに向けて、ダイナミックサービングを既に採用しているサイトは、注意深くスマホ版ページのコンテンツや構造を確認する必要があります。コンテンツ不足と捉えられないように再度編集すれば、検索結果ランキングが下がることはないでしょう。

まとめ

如何でしたか?Googleのスマホ優先インデックスに向けての対策は、自分がどの方法でスマホサイトを構築しているかによって異なります。また、未だスマホサイトを作成していない人は、この記事を参考にどの手法を取るかを考えてもらえると嬉しいです。

参照:Search Engine Land, Finally going mobile-friendly, but on a collision course with Google’s mobile-first index [Case Study]


さあ、KOBITをスタートしよう。