KOBITブログ

Instant Articleは効果があるの?有益性が分かる2つの事例

この記事は約 4分 で読めます。

Slow Internet Connection On Digital Tablet

皆さんは既にInstant Articleを利用していますか?Instant Articleとは、今Facebookマーケティングで最もホットなトピックと言っても良いでしょう。ローディングスピードが普通の記事コンテンツよりも速く、ユーザーストレスを軽減させ、ユーザー体験を向上させるものとして非常に注目されています。ただ、Facebook社は「記事をInstant Articleに適応させたからと言って、特別扱いされるわけではありません」と明言しています。「果たしてInstant Articleはトラフィックやコンバージョンを高める要素なのか?」と気になる人もいると思います。

Facebook Mediaの最新記事(How Instant Articles Benefits Local News)で、実際にこれらの効果が高まったInstant Articleの事例が紹介されていました。今回は、その効果事例を2つ共有していきたいと思います。

TEGNA MEDIA

TENGA MEDIAとは、テレビとオンライン両方のチャネル上に様々なメディアを抱える企業です。もちろん、TENGA MEDIAの収入基盤となるのがオーディエンスの数です。テレビの視聴者、オンラインメディアの閲覧者が多ければ多い程、収入の増加を期待することができます。まだInstant Articleを利用していない時、TENGA MEDIAは多くのユーザーを長いローディング間で失っていました。

しかし、Instant Articleを利用し始めたことを契機に、トラフィックやユーザーのエンゲージメントは劇的に伸びたとのことです。特にInstant Articleを利用したオーディエンスネットワークからくる広告は、現在TENGA MEDIAが利用している広告ネットワークで最もクリック率の高いものとなったようです。

エンゲージメントに関しても、去年(2015年)TENGA MEDIAが運営する全てのオンラインメディアがFacebook上で獲得した「いいね!」、「コメント」、「シェア」は約2億2000万程だったのですが、今年(2016年)は12月の時点でその数を超えたとのことです。

Billy Penn

Billy Pennは、アメリカフィラデルフィアにあるモバイルに特化したローカルニュースメディアカンパニーです。2016年3月から全ての記事を、Instant ArticleでFacebook上にシェアしたところ、2月から8月に掛けてサイトへのトラフィックが610%、リピート訪問ユーザーが2倍も増えました。記事編集を担当しているChrisは、「Instant Articleを利用することは、Facebookでシェアを得るベストな方法である」と述べています。

現在は、Instant Article化した記事上の広告を、フィラデルフィアのローカル企業に売り出していて、非常に高いコンバージョンを得られると高い評判を得ています。具体的には、コンバージョンレートが従来のモバイルWebサイトよりInstant Articleの方が4倍高い結果となっています。トラフィックだけでなく、コンバージョンも高める、これがInstant Articleの大きな魅力かもしれませんね。

まとめ

如何でしたか?Instant Articleは他の投稿タイプよりも優先的に扱われるというわけではありませんが、長い時間ローディングを待たなくて良いという点でユーザー体験を大きく向上させてくれます。そしてそれが、自ずとトラフィックやコンバージョンを高めてくれることが2つの事例からよくわかりましたね。これらの高い効果がFacebookのアルゴリズムにどう影響しているかは分かりませんが、Instant Articleの方が高いリーチ数を獲得できるという調査結果も出ています。まだ対応していない人は、すぐにInstant Articleを採用しましょう。

参照:Facebook Media, How Instant Articles Benefits Local News

 


さあ、KOBITをスタートしよう。