KOBIT

KOBITブログ

医療・健康やお金に関するコンテンツの評価についてGoogleの考える”YMYL”を知っておこう

この記事は約 5分 で読めます。

重厚な本と金色の天秤

お金、出産、健康、医療。こういったコンテンツを扱う事業者の方は一度、Googleの考える”YMYL”について、理解を深めると良いでしょう。今回は、センシティブな情報をGoogleがどう評価しているかについて記載します。

Googleの考える”YMYL”について

Googleの考えるYMYLという考え方はご存知でしょうか。YMYLは”Your Money or Your Life”の略です。このYMYLという考え方はGoogleの”General Guidelines”(検索品質評価ガイドライン)の中で登場します。原文を読みたい方はこちらからどうぞ。日本語翻訳はアイレップさんの翻訳が有益です。

Googleは自分たちのアルゴリズを常に改善していますが、そのアルゴリズムが良いものかどうかを外部評価する仕組みを持っています。”General Guidelines”(検索品質評価ガイドライン)はその際の評価基準として使われています。そのため、言って見れば、Google自身が考える道筋であり、今後の方向性そのものと言えます。

そもそも、ガイドラインの中でYMYLを「誰かの人生の幸せや健康、お金に大きく影響する情報」と位置付けています。つまり、検索エンジンを通じて、間違った医療情報や資産を失いかけない情報にたどり着いてしまうことはGoogleとしては望んでいない、ということになりますし、当たり前ですが、不幸が引き起こされるような事態も望んでいないということになります。

Googleが考えるPage Qualityとは?

では、Googleはコンテンツの質をどのようにして見極めているのでしょうか。Page Qualityの欄ではE-A-Tが重要とされています。E-A-Tとは一体何のことでしょうか。これはExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthy(信頼性)の略です。

医学や薬に関する情報は間違った情報を提供することで誰かを殺してしまうかもしれません。そのため、プロによって作成され、編集・校閲を受けた上で定期的に更新されることが重要になります。

昔言われていた医療情報と今の医療情報に乖離がある、なんてことはよく聞きますが、まさにそういうことで、最新の情報を提供することの大切さが説かれています。

では、E-A-Tはどのように算出されるのでしょうか。 ガイドラインには3つの要素が記載されています。(1) コンテンツ量と質、 (2) Webサイトの責任者は誰か、 (3) Webサイトの評判、の3つです。

現在、Googleでは基本的にRankBrainアルゴリズムで人工知能を取り入れて、上の要素を自動的に取得し、評価・検索順位の決定をしています。ですが、ガイドラインはこのアルゴリズムがうまく回っているかをガイドラインで評価しているわけです。

つまり、何かしらの理由でサイトの評判が下がると結果的に掲載順位が下がってしまう可能性があります。言って見ればSEO業界における合成の誤謬ですね。少量の記事を作っていた時に正しいと思われたアクセスアップの方法があったとして、その量が大量になることによって炎上したりして評判が下がると大きな問題になり、YMYLの適用が起きて、検索順位が下がるなんてしまうことがあるわけです。

高品質な記事の例とは?

では、SEO担当者は今後、どのような記事作成を目指すべきでしょうか。ガイドラインを読み解くとこのようなことが書いてあります。

「権威ある賞の受賞歴」「専門家・プロフェッショナルのコミュニティらの推薦」などが重要であるとされています。例として「ピューリッツァー賞受賞回数」などが取り上げられています。何が書かれているかだけではなく、誰が書いているかがすごく重要な意味を持つことになりそうです。

面白いのは「Wikipedia等の情報を元にして評判を調べましょう。」という一文があることです。確かに悪評がある場合、Wikipediaの情報にはっきりと現れやすくなりますし、1つの参考情報になりそうです。

低品質な記事の例とは?

では、逆に低品質な記事の例とはどんなものでしょうか。いくつか抜粋して紹介します。

(1)量が不足している
例)第二次世界大戦について2,3文で終わらせてしまう

(2)広告が邪魔になる
例)広告の量が多すぎて、本文を読みづらいレベルのもの

(3)インタースティシャルページ
例)記事ページに移動する際に、いきなり邪魔をされるタイプの広告などを採用している

(4)否定的な評判
例)詐欺などの証拠があるケースなど

などの記事については低品質な記事として評価されてしまう可能性があります。

今後、このあたりのアルゴリズム変更が起きるのでは?

誰かの人生の幸せや健康、お金にに大きく影響する情報」であるYMYLの自動評価は実際にはまだ機動的にはなっていない可能性があるのではないか、と個人的には思っています。ですが、Googleはパンダアップデートやペンギンアップデートのようにブラックハットとのいたちごっこにずっと対応してきたわけですから、中期的には何かしらのアルゴリズムが発表されてもおかしくなさそうです。オウンドメディアは大切な子供のような存在ですから、Googleの考える”YMYL”に今一度、胸を当てて考え直してみると良さそうです。


さあ、KOBITをスタートしよう。