KOBITブログ

今さら聞けない基礎知識 ページビューとセッション、直帰率と離脱率って何が違う?

この記事は約 3分 で読めます。

ページビュー数とユーザー数の違いに悩む男

ページビュー、セッション、ユーザー

Googleアナリティクスの基本的な機能を覚える用語に、ページビュー、セッション、ユーザーがあります。わかるようでわからないこの用語を解説していきますので、しっかりと理解してください。
この項目を理解することによって、「誰」が「何を」しているのかが理解できるようになるでしょう。

ページビュー数の表示

ページビュー

ページビューとは、ブラウザで表示されたページの回数を表します。
最初にトラッキングコードを設定しましたが、それが実行されるたびにページビューがカウントされます。
この数字が多いほど、多く見られたことになりますが、ひとりのユーザーがたくさんのページを見てくれてもページビューはカウントされます。ページビューは訪問者の数とは異なりますので注意が必要です。ページビューが大きくて訪問者数が少ない場合は、訪問者がたくさんページを見ていってくれたということになります。

セッション

訪問者がサイトを表示してから、その開いたブラウザとサイトが接続されている間を1セッションとします。
他のサイトを開いたり、ブラウザを閉じたり、一定の間隔何も操作しなかったりすると、セッションは終了です。
30分間サイトで何もしないと、セッションが終了します。
一回訪問すれば、接続している間は何ページ表示しようとセッションは1回でカウントされるのです。

ユーザー

Cookieを利用して、はじめてサイトにアクセスしてきたユーザーをユニークユーザーとします。最初にこのCookieが設定され、再度訪問されたときに、このCookie情報を使って同一ユーザーであると判断します。何回訪問しても新規ユーザーとはカウントしません。
これがユーザーです。

ページビュー、セッション、ユーザーを表示するには

これでこの3つの用語を理解していただけたと思います。
このページビュー、セッション、ユーザーの数を見るには、Googleアナリティクスにログインして、[ユーザー]>[サマリー]を表示してみてください。

直帰率と離脱率

直帰率と離脱率という指標も重要な用語です。サイトを訪問してくれた人がたくさんいても、1ページだけみてすぐに帰ってしまっては何も見てくれないのと同じだからです。アクセス数が多くても安心できません。そこで気になる指標が直帰率と離脱率です。

直帰率とは

直帰率とはサイト訪問の最初のランディングページだけを見てサイトを見た人のセッションの割合です。1ページだけ見て帰ってしまった人の訪問数です。
 直帰率 = 直帰数 ÷ 閲覧開始数
となります。

離脱率とは

閲覧しているページからサイトを離脱した割合です。最後に見られたページの割合のことです。
離脱数とは、見ているページからサイトを離脱した数になります。

 離脱率 = 離脱数 ÷ ページビュー数

となります。

直帰率と離脱率は重要な指標ですので、改めて解説します。


さあ、KOBITをスタートしよう。