KOBITブログ

ランディングページに離脱ページ 訪問者の行動ちゃんと追っかけられていますか?

この記事は約 3分 で読めます。

Google アナリティクスで行動を分析する男

訪問者の行動を分析しよう

ユーザーがやってきてくれて、どれぐらいページに滞在してくれたのか、どれぐらいでページを離脱したのか、個別の訪問者はどれぐらいか、直帰率はどれぐらいかなどをレポートから分析することができます。
これによって、よりサイト内の巡回をしてもらうにはどのようにしたらよいか、また滞在時間をあげるにはどのようにしたらよいか、などの戦略を練ることが可能になります。
またページの読み込み速度についてのレポートもわかります。
ページ読み込みの速さはユーザーがページを読んでくれるかどうかにかかわってきますし、Googleもページの評価の基準にしている項目のひとつでもあります。
またページ読み込み速度改善にたいして、Googleが提案してくれるのでそれを参考にしましょう。早いページは集客を向上させます。

ランディングページの分析

ページごとのアクセス数を知る

ページタイトルを選択すると、タイトルごとにページビュー数がわかります。
これによってどのコンテンツが人気なのかが理解できます。

ランディングページ

ランディングページとは、サイトの入り口になったページのことです。
一番最初に表示されるページのことで、検索結果からタイトルをクリックして、最初にやってきたページがランディングページのことです。
[行動]>[サイトコンテンツ]>[ランディングページ]で確認できます。
トップページへの流入が多いのか、それとも個別に何かアクセスを稼いでいるページがあるのかなど、サイト流入への全体像がわかるようになります。
これは右上の小さな●が3つあるアイコンをクリックすることで、バブルチャートも表示できますので活用してみてください。

離脱ページ

離脱ページとは、やってきたユーザーが最後にみたページをいいます。
[行動]>[サイトコンテンツ]>[離脱ページ]で、離脱したページがわかります。
あるユーザーがやってきてくれて、Aページを見た後Bページを見て、その後サイトから離れて言った場合は、離脱ページはBページとなります。
こちらのページで、各ページごとの離脱状況がわかります。すぐに離れていってしまったのか、サイトコンテンツに興味を持ってくれて他のページに移動したのか、それともこのページで満足して、他の行動へと移ってしまったのかがわかります。

ユーザー、集客、行動が基本

アナリティクスのページはメニューが多く、できることも複雑です。
ですが基本的には、今まで解説してきたユーザー、集客、行動の分析内容を使ってサイトの戦略を練るのが基本です。
どのようなユーザーがやってきて、どのような行動をとったのか、それがわかることによって、顧客目線で自分のサイトがどのように分析されているのかがわかるようになります。より有意義なコンテンツを更新していく上で、今現在、自分たちのサイトの価値がどこにあるのかを知るのに最適なツールといえるでしょう。
アクセス解析は多々ありますが、アナリティクスは詳細なレポートを見ることが可能になります。


さあ、KOBITをスタートしよう。