KOBITブログ

Google Analyticsであんなことやこんなことも。あなたのサイト改善に必須の指標知ってる?

この記事は約 3分 で読めます。

Googleアナリティクスによる分析

Google Analyticsでできること

ウェブマスターツールがGoogleとのやりとりを解析するのに対して、Google アナリティクスは具体的な訪問者キーワードなどを分析するのに使います。
使い方は簡単で、Google Analyticsに持っているサイトのURLを入力して設定します。
その日以降の訪問者データが取れるようになります。

検索エンジンにまつわるエラーや、クロールに関することはウェブマスターツールで、その後のサイトそのもののメンテナンスや検索キーワードの管理などはこのGoogleアナリティクスでご利用いただけます。どちらも使うことでより詳細で決め細やかなサイトの管理が可能になります。

主なメニュー

それでは主なメニューをご紹介します。
・[マイレポート一覧]
・[ショートカット]
・[インテリジェンスイベント]
・[リアルタイム]
・[ユーザー]
・[集客]
・[行動]
・[コンバージョン]
となります。
メニューは、バージョンアップのたびにたびたび変わりますのでご了承ください。2015年5月現在のメニューについてご説明します。
Google アナリティクスのメニューは膨大にあるので、どれを使ったらいいかわからないと思います。ひとつずつクリックしていってもいいのですが、何を使うべきか書いてある資料を読んでいただくのが一番です。

マイレポート一覧

セッション、ブラウザ別セッション、平均セッション、直帰率、目標の完了数、収益などがわかります。
マイレポートを使いこなすには、まずマイレポートを作成する必要があります。
マイレポートの作成を選んで、必要な項目を選んで追加していきましょう。
膨大にありすぎてどれを選んだらいいかわからないと思いますので、ここでは簡単に便利な指標をご説明していきます。

Google アナリティクス マイレポート

 訪問数、訪問別ページビュー、平均サイト滞在時間、新規とリピーター、モバイル
 トラフィックサマリ、参照元、検索キーワード、地域
 着地ページ(ランディングページ)、閲覧ページ、離脱ページ

これぐらいをまとめてひとつのマイレポートにしておけば、ひとめみて状況が理解できるのではないでしょうか。
画像では、上記の設定を行ったマイレポートがどのようになるか表示しています。
これで見てすぐに自分の今のサイトの状況が視覚的に理解できると思いますので、ぜひ自分だけのオリジナルマイレポートを作ってみてください。

 レポートの共有というのがあります。これは他人が設定したマイレポートの設定を公開し、自分のレポートに設定だけ取り込むというものです。Googleアナリティクスで検索しているとマイレポートを共有している人がたまにいますので、興味深い設定をしている方のレポートはぜひ参考にしてください。
 また自分自身で作ったマイレポートを公開することも可能です。これはすこし上級者になったり、Googleアナリティクスの解説ページを書くようになり人気が出たときなどに公開すると効果的でしょう。

マイレポートの公開


さあ、KOBITをスタートしよう。