KOBIT

KOBITブログ

Instagramが新機能 ライブ動画と消える動画・写真共有を発表!!

この記事は約 6分 で読めます。

Portrait of a woman making photo of food on smartphone in restaurant

Instagramが新たな機能を2つ追加しました。1つはもうお馴染みのライブ動画の配信が可能になったこと、そしてもう1つはダイレクトメッセージで閲覧されたら消える動画・写真共有機能です。これら2つが追加されたことで、もはやInstagramは現在主要となっている他のソーシャルメディアの機能をほぼ網羅していると言えます。それでは、詳しい概要をそれぞれ説明していきましょう。

Instagramライブ動画

ライブ動画は今やFacebookやYouTubeでお馴染みの機能になりました。「今現在起こっていることをリアルタイムで流せる」といった点で、エンターテイメント性を高めるコンテンツでもあり、すぐに最新情報を手に入れられるという点で便利なコンテンツであるとも言えます。

Instagramのライブ動画は、FacebookとYouTubeのものとほぼ一緒だと考えて良いでしょう。配信する側は、フィード画面を右にスワイプしてカメラをオープンして、「Start Live Video」というボタンをタップするだけで、ライブ中継を開始することが出来ます。配信している間は、何人が今閲覧していているかも確認できますし、ユーザーのコメントをリアルタイムでライブ画面に流すことも出来ます。もちろんお好みでコメントフィードを消すことも可能です。

screen-shot-2016-11-23-at-1-36-27
画像参照:Instagram Official Blog, New Ways to Share in the Moment

一方、閲覧する側ですが、フォローしているユーザーがライブ配信をしていると、Storiesバーに表示されているプロフィールアイコンの下に「Live」という表示がされているので、そこをタップすればライブ動画を閲覧することができます。コメントやいいね!はFacebookライブと同様、好きなだけすることができます。また、下の画像のように、検索ページに「Top Live Video」の一覧が表示されます。一覧から見たいライブをクリックすれば閲覧することができ、右に左にスワイプすれば、次のライブ、前のライブと切り替えすることが出来ます。

screen-shot-2016-11-23-at-1-56-36
画像参照:Instagram Official Blog, New Ways to Share in the Moment

ただ1つだけFacebookとYouTubeのライブ動画と違う点があるとしたら、配信できる最大の時間が1時間と短い点です。この短い制限時間を設けたのはエンターテイメント性に重きを置くためだと個人的に考えます。長い時間のライブ配信に需要があるとしたら、どちらかと言うと昨日起こった東北の地震のようなニュースだと思います。最新の地震、津波情報を得るために逐一Facebookライブを確認していた方も多いのではないでしょうか?FacebookはInstagramに比べるとニュースサイトに近い位置づけです。Instagramに地震や津波のライブが流れるのは少し違う感じがしますよね?逆にエンターテイメントのライブ動画で4時間も5時間されたら飽きますよね?そういった理由から、Instagramはライブ配信時間を1時間に制限したと私は考えています。

消える動画・写真の共有

はい、でました。Snapchat潰しの機能の追加です。Instagramでは直接メッセージや写真などを送れるダイレクトメッセージ機能がありますよね?それが、さらに進化して「1度送信した相手が動画・写真を閲覧したら消える」機能を追加することを発表しました。Instagramブログによれば、昨年リリースされてから、ダイレクトメッセージの利用者は8000万人から3億人まで上っているようです。同時にSnapchatの影響で、消えるコンテンツの需要が高まり今回のリリースに至ったようです。

コンテンツの送信方法は、フィード画面から右にスワイプして写真や動画を撮影したら、右下に表示されている矢印をタップします。すると、自分の友達のリストの一覧が出ますので、送りたい人、もしくはグループを作成して送信ボタンを押せば完了です。繰り返しますが、このフローで送信したコンテンツは1度閲覧した時点で削除されます。また、もし受信者がコンテンツをスクリーンショットしたら分かるようになっています。

screen-shot-2016-11-23-at-2-18-23
画像参照:Instagram Official Blog, New Ways to Share in the Moment

一方で受信者は、ダイレクトメッセージを確認するのと一緒で、右上に表示されている紙飛行機タブをクリックして受信ボックスを開きます。すると、これまでのメッセージリストの上に、Storiesのようなリストを見ることができると思います。これが、友人から送られてきた消える写真・動画を閲覧するセクションですので、アイコンをタップすればコンテンツを見ることが出来ます。

まとめ

ライブ動画は数週間後に、消える動画・写真コンテンツは今日からリリースされています。とにかく、instagramの機能がこの1年でかなり充実したと言えます。Facebook、YouTube、そしてSnapchatの機能はほぼ網羅したのではないでしょうか?Instagramの戦略の1つは、Snapchatが全世界に広まる前に、その特有の機能を実装して、未だSnapchatを体験していないユーザーに先にアプローチを仕掛けて、市場を埋めていこうというものです。今後も、機能の追加ラッシュは続きそうです。

参照:
Instagram Official Blog, New Ways to Share in the Moment,
Marketing Land, Instagram’s latest updates feature Live video and disappearing media


さあ、KOBITをスタートしよう。