KOBITブログ

良質なコンテンツは剣よりも強し!ユーザーの口コミを味方につけよう

この記事は約 4分 で読めます。

口コミによるSEO効果

魅力的なコンテンツを作って認知を広める

SEOにおいて何よりも大切なことは、小手先の技術ではなく、魅力的なコンテンツを作ることです。
良質のコンテンツに出会ったユーザーは、自ら進んで掲示板やブログ、SNS、メールなどを使って人に広めようとします。
良質なコンテンツがなければ口コミは発生しないのです。

SEO対策

価値あるサイトを提供する

Google AdWordsではキーワードツールを提供し、検索を把握することができるようになっています。
Googleウェブマスターツールでも検索クエリやキーワードについて知ることができます。他のサイトでは提供されていないような、新しくて便利なサービスを作りましょう。
独自調査や面白いニュースの紹介、口コミを利用したりなど、専門性をアピールすることも大切です。

様々な角度からSEO対策をする

コンテンツには、サービスの質を重視しよう

読みやすい文章を書きましょう。文法の間違いや変換ミスなどは厳禁です。
また検索エンジンは画像に埋め込まれた文字列を認識できないため、テキストで書きましょう。
コンテンツを整理しましょう。段落や項目で分けてレイアウトを調整してください。
独自で新鮮で新しいコンテンツが重要です。
そんなコンテンツを更新し続ければ、既存のユーザーが再度訪問してくれることになります。また新規ユーザーも獲得できます。
ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作成しましょう。
検索エンジンのために無意味なキーワードを羅列するのはやめましょう。
隠しテキストや隠しリンクもやめましょう。

アンカーテキストを工夫しましょう

内部リンクや外部リンクなどのアンカーテキストを工夫しましょう。
ユーザーにとっても検索エンジンにとっても有益になります。
説明的なテキストを使用しましょう。
簡潔なテキストにしましょう。
リンクだとわかるようにCSSを設定しましょう。
内部リンクであっても気を配りましょう。サイト内を利用する上で、役立たないリンクはやめましょう。

画像の最適化をalt属性で行いましょう

画像の情報はalt属性で提供できます。
なんらかの理由によって画像が表示されないときに、代わりに内容をテキストで表示してくれます。
画像は専用のディレクトリにまとめましょう。
imageフォルダを作ってそこにすべておきましょう。
画像へのパスが簡潔になります。また拡張子もしっかりつけましょう。
jpeg,mpeg,gif,pngなどの画像形式に対応しましょう。

見出しタグの重要性

<h1>から<h6>まである見出しタグですが、とても重要です。
強調表示されるのでユーザーがビジュアル的に読みやすいのです。
コンテンツの主要なポイントで使うようにしましょう。
また、慎重に利用しましょう。あまり使いすぎると余計に見難くなります。
ページ内のすべての文章を見出しタグにしたり、使いすぎたりしないようにしましょう。 <h2>や<h3>を使って商品をアピールし、上手にコンテンツを作成していきましょう。


さあ、KOBITをスタートしよう。