KOBITブログ

Googleを迷子にさせないで! あなたのサイトちゃんとクローリングされていますか?

この記事は約 3分 で読めます。

Google のクローラーが迷っている

クロールをもっと知ろう

Googleがサイトをインデックス(登録)し、サイトを訪れることをクロール(巡回)といいます。
ウェブマスターツールではこのクロールに関する情報がわかります。
基本的には、Googleは更新が頻繁だと判断すると訪問も頻繁にしてくれますので、このクロールの回数が多いほど、Googleに評価されていると思っていいでしょう。

エラーがないか知る

このクロールのエラーがあれば何らかの形で巡回に失敗していると言うことです。
[クロール]>[クロールエラー]でエラーがあれば表示されます。
例えば以前あったコンテンツがGoogleに登録されていて、再度巡回時には削除されている場合は、404エラーとなってクロールエラーに表示されます。

webマスターツールのURLエラーの例

クロールの詳細情報を知る

クロールについてはサイト運営をする上で概念と機能を知っていれば良く、詳細まで知らなくても構いません。ですがクロールの回数が多いほどGoogleから評価されており、少ないほど更新頻度の低いサイトだとみなされていることを覚えておきましょう。
[クロール]>[クロールの統計情報]を見ることで詳細がわかります。

クロールの統計情報

Fetch as Googleを覚えよう

クロールを要求し、インデックス登録してもらうには、Fetch as Googleが手っ取りばやいです。
新しいコンテンツを追加したりした場合は、[クロール]>[Fetch as Google]にURLを入植してFetch as Googleしましょう。
大量にやるのは禁止で、一週間に500件まで送信できます。
これを行えばGoogleが24時間以内にクロールしにやってきてくれます。
またこのページには、googleがいつクロールしにきたのかの日付もわかりますし、ダウンロードにかかった時間を秒単位で教えてくれます。
このダウンロード時間が遅いと評価がさがりますので、ページの表示は速くなるように気を配りましょう。

ちゃんと見えてるかしっかりチェック

実はGoogleはサイトを訪問して個別のページを閲覧した場合、ソースコードで内容を解析します。そしてそれは200KBまでのデータしか読み込めないのです。
~まで読んでいない場合、最後まで読み込めずに終わったことになります。これは問題ですのでここは見ておいてください。
上から200KBということを意識しておくと、コンテンツ作りに役立つことでしょう。

レンダリング機能

レンダリングできる機能が追加されています。個別のURLを入力して[取得してレンダリング]というボタンを押すと、googlebotがどのようにサイトをレンダリングしているのかがわかります。スマートフォンからのレンダリングも確認できますので、スマホ対応をした場合はこれを必ず行ってしっかりとチェックしましょう。
画像やJavascript,CSSなどの動的なページを、googlebotがどのように認識しているのかを確認することができます。
ブラウザとの違いを確認しましょう。


さあ、KOBITをスタートしよう。