KOBITブログ

パブリッシャーを格付け?Facebookオーディエンスネットワーク広告をより価値あるものに!!

この記事は約 5分 で読めます。

Review increase rating

Facebook広告を配信する時、ニュースフィード内、Instagram、オーディエンスネットワークの3つの場所でどこに配信するかを決めなければなりません。もちろん3つ全部という選択もできますし、ニュースフィードだけという選び方もできます。目的にはよりますが、実はオーディエンスネットワークは他の2つに比べて、あまり人気のない場所のようです。そこでFacebookはこのオーディエンスネットワークをより広告主にとって魅力的な場所にするために、あらたな取り組むを行うと発表しました。それはオーディエンスネットワークに登録しているメディア、アプリなどの広告配信環境を格付けするというものです。この格付けと広告主が望むパフォーマンスを基に広告配信場所を選んでいくというのです。

パブリッシャー格付けの背景

スマートフォンで色んな記事を見ていると、よく広告がポップアップしてきますよね?しかも閉じるボタン(×)が非常に小さくて、間違えて広告をクリックして求めてもいないページに飛ばされることがあると思います。もちろん興味がないわけですから速攻離脱しますよね。ユーザーからしてみても、小さな閉じるボタン(×)は非常にストレスです。しかし、広告を配信している側も、この間違えクリックのせいで余計な広告費を支払うはめになっています。喜ぶのはパブリッシャー側だけです。

これが原因で、オーディエンスネットワークはニュースフィード内やInstagramに比べると避けたがる広告主が多いというわけですね。広告を配信する真の目的はクリックではなく、その先にある購買、ホワイトペーパーのダウンロード、メルマガ登録などですからね。

Facebookは、この状況がユーザー体験にしても広告パフォーマンス的に宜しくないと考え、今回の取り組みを開始したのです。

格付け方法

格付け方法は非常にシンプルです。オーディエンスネットワークに登録しているパブリッシャーのサイトやアプリで出稿される広告のクリック率だけでなく、目的別にコンバージョン率もトラッキングして格付けしていきます。

もしクリック後に多くの訪問ユーザーが何かしらのアクションを起こしたら価値のメディアだと認識し、離脱率が多い場合は価値の低いメディアとして認識していきます。

広告主が自社の広告をオーディエンスネットワークに配信する際、目的と各登録パブリッシャーのパフォーマンスを基に広告が配信されるというわけです。これによって、オーディエンスネットワーク広告のパフォーマンスは今後高くなりそうですね。

またパブリッシャー側への影響も非常に大きいです。広告費を稼ぐためにオーディエンスネットワークに登録しているので、格付けによって配信数が減るとなると自分のメディアの広告フォーマットを変えることは急務ですね。どうやらFacebookはパブリッシャーに格付け基準のガイドを提供するようなので、しっかりチェックしておきたいところです。

Facebookの狙い

ちょうど前回の記事(Facebook広告はもう飽和状態!!次の配信場所候補にFacebookグループ!? で、Facebookの広告数がオーガニック投稿の数を超えて飽和状態で広告収益の伸びが落ち着いてしまうと紹介しました。その1つの対策として、Facebookグループへの広告配信を考えていて、一部の国でテストも開始しています。

しかし、オーディエンスネットワークへの広告配信を増やすことも在庫処理対策になりますね。本当に、オーディエンスネットワークがニュースフィード内やInstagramに比べて人気がないなら、より広告主にとって魅力的な場所にすれば飽和状態も解消できるでしょう。

正式に今回の格付けの取り組みが飽和問題に繋がっているという発表をFacebookはしていませんが、可能性としては有り得ますね。

まとめ

この格付けで、閉じるボタン(×)が大きくなればユーザーのオンライン体験はより高くなります。これは我々にとっては非常に嬉しいニュースです。また広告主側にとっても、無駄クリックにより課金を減らすことができて、より高い広告パフォーマンスを期待できます。まだこの格付けは反映されていませんが、近々反映されるとFacebookは言っています。さらなる広告収益の獲得に向けた新しい一歩ですね。

参照:Marketing Land, Facebook will rank Audience Network publishers’ ad slots, price them accordingly


CATEGORY:

さあ、KOBITをスタートしよう。