KOBITブログ

あなたはいくつ当てはまる?SEOで失敗している人の5つの特徴

この記事は約 5分 で読めます。

Reaching the top

「SEOは必要なんだ!」と思って取り組んでも全然思い通りに結果が出ないという人が多いのではないでしょうか?ネットニュースをみれば、「SEOで売上アップ」、「SEOをやってて良かった」といったサクセスストーリーを見てると、「本当かよ!?」と思ったりしてませんか?

どんなことにも、誰かが成功しているの裏には失敗している人もいるわけです。SEOでも同様です。そんな負け犬グループから抜け出したいあなた。今から、SEOで失敗している人によくある5つの傾向を紹介します。1つでも当てはまった方は、その点をまずは修正してみたら如何でしょうか?

古い知識や情報しか持っていない

1冊の本を読んでSEOの全てを分かった気でいませんか?そんな方の知識は時代遅れになっている可能性があります。オンラインマーケティング全体で言えることですが、利用しているツールのシステムやルールのアップデートは非常に頻繁に起こります。そのため、古い知識を基にした戦略や戦術が全く機能しないというケースがよくあります。

Googleなんかはしょっちゅうアップデートしていますね。未だに被リンクをすれば自分のWebページのSEOが上がると思っていませんか?もうそれは既に通用しませんよ。Googleは検索ランキングにおいて、数年前に被リンクではなくコンテンツの質に重点を置いてます。被リンク先がSEOのために意図的に作られたサイトだと判明したときは、ペナルティが課せられますよ?もちろん、しっかりとしたコンテンツからもらった被リンクは依然として機能します。

このように、GoogleやYahooでもランキングを定義する仕組みが大きく変わることがあります。ですので、常にこういったニュースにはアンテナを張って、自分の知識をアップデートする必要がありますね。

情熱がない

皆さんはしっかりSEOに情熱を持って取り組んでいますか?SEOは長期的にやってこそ爆発的な効果を生み出すものです。ですので、最初は何も効果を得られないまま退屈に感じることも多いでしょう。 終いには目先の売上に捕われて、途中で疎かにしてしまうってこともあると思います。それではいつまで経っても高い効果は期待できないでしょう。

長期的な目標を立てて、そのために毎日どんなことをすべきかを計画した上で、コツコツやってこそSEOで成功する秘訣と言えます。

スタートダッシュに重点を置き過ぎ

2番目と非常に似ているのですが、会社からSEOのための予算を割と貰って、スタートダッシュででそのお金をSEOにつぎ込んではいませんか?先ほども言った様にSEOで重要なのは継続です。 最初だけSEO会社やキャンペーン広告に莫大なお金をつぎ込んで得た結果も、すぐに終わりを向います。お金を出せばどうにかなると高を括らず、努力を継続するようにしましょう。

効果分析と報告をしていない

しっかり効果分析していますか?そしてそれを報告していますか?描いていた結果を得られなかった時、なかなかチームで共有したくならないものです。しかし、それでは各個人のKPIやチーム全体の目標が失われてしまいます。

このようなことにならないためにも、明確ロードマップを作成し、各チームのタスクを定義化した上で、決まった期間で各々の結果を共有するようにしましょう。

SEOの目的はトップに表示されることだと思い込んでいる

何を目的にSEOに取り組んでいますか?出来るだけGoogleの上の方に表示されることを目的にしていませんか?仮にそれが達成できたからと言って、成功と言えるでしょうか?

恐らく、どんな人でも最初SEOの目的に、「売上を伸ばすこと」、「見込み客を獲得すること」などを置いていると思いますが、いつの間にかそれを失ってしまう人もいると思います。

目的を失った時、成功の定義が変化してしまい、いつまでたっても本当の成功を手にすることができません。

何のためにSEOをしているのか?常にそれを心に留めておきながら取り組んでいきましょう。

まとめ

SEOで大きな結果を得るには非常に多くの時間を要します。そのため、いつの間にか情熱、費やすお金と時間、目的を失ってしまうことがあります。そうならないためにも、常に今回紹介した心構えを胸にSEO業務に励んで行きましょう。

参照:Search Engine Land, 6 reasons why SEO fails, and how you can succeed at it 

 


CATEGORY:

さあ、KOBITをスタートしよう。