KOBITブログ

すぐにユーザーにコンテンツを見せよ!Googleがintrusive interstitialsを禁じる

この記事は約 4分 で読めます。

modern workspace with computer showing ads blocker

本日Googleは、コンテンツのアクセスを邪魔する広告(以下intrusive interstitialsと呼ぶ)などを表示するページの検索結果ランキングを下げることを発表しました。intrusive interstitials具体的に説明すると、コンテンツにアクセスする前にアプリのインストールや広告が表示されるようなものを指します。

Googleのブログによれば、

intrusive interstitialsを採用しているページはユーザー体験の品質を落としている。すぐにユーザーが求めているコンテンツが表示されるページの方が価値は高い。intrusive interstitialsは小さなスクリーンのモバイルデバイスとって大きな問題である。そこで2017年1月10日からユーザーが求めているコンテンツにすぐに遷移できないページは検索結果ランキングを下げます。

と述べられています。

以下がGoogleが明言している明確なintrusive interstitialsのコンテンツです。

  • 検索結果からクリックしてすぐにそのコンテンツに遷移しない、もしくはメインコンテンツを覆い隠すポップアップ
  • メインコンテンツにアクセスする前に、ユーザーが「却下」ボタンを押さなければならない広告
  • ポップアップでなくても、最初の上部に広告のようなコンテンツがモバイルスクリーンを覆い尽くしているようなコンテンツ

google-mobile-interstitials-penalty-bad-798x600
(画像参照:Google Webmaster Central Blog, Helping users easily access content on mobile

もちろん対象外のものもあります。それが以下のものです。

  • Cookie利用や年齢確認のためにポップアップされるコンテンツ
  • プライベートなコンテンツでログインが必要なもの。例えば、EmailやユーザーIDの入力画面
  • ユーザーが求めているコンテンツの閲覧を邪魔しない程よい大きさの広告。もしくは、すぐに「無視する」ができる広告

google-mobile-interstitials-penalty-good-798x600
画像参照:Google Webmaster Central Blog, Helping users easily access content on mobile

つまり、Googleはアプリのインストールを促すようなバナーを必ずしも禁じているわけではなく、飽くまでフルスクリーンでコンテンツを覆い隠しているものを禁じているのです。実はこれは去年の11月から禁止されていて、口コミサイトのYelpがこれに対し凄い非難をしていました。

Yelpをブラウザで利用したことがある人は分かると思うのですが、最初Yelpのアプリをインストールを勧められますよね。Yelpは「この禁止はGoogleが意図的にユーザーを囲い込む施策なのでは」と非難していたのです。
結局GoogleはこのYelpの指摘に対し、「別にアプリのインストールを促すことを禁止したわけではない」と無視する結果となりました。

いづれにせよ、この発表はネットメディア企業にとって大きな影響力を与えます。ネットメディアは如何にクライアントにとって魅力的な広告表示ができるかでアピールしていて、コンテンツ遷移前の広告表示は非常に価値の高いものでした。

これが完全にSEOに悪影響を及ぼすので、対応策を考えなければなりません。来年2017年1月までが忙しくなりそうですね。

参照:
Marketing Land, Google will punish “intrusive interstitials” with a ranking penalty in 2017 
Google Webmaster Central Blog, Helping users easily access content on mobile


CATEGORY:

さあ、KOBITをスタートしよう。