KOBITブログ

Facebookインサイトがアップデート!動画コンテンツ毎に属性分析ができるように!

この記事は約 5分 で読めます。

Like_3D_9_9

今Facebookコンテンツで動画は必修項目です。動画は他のコンテンツよりも高いエンゲージメントを獲得することができ、何よりシェアされる確率は写真やリンクコンテンツより圧倒的に多い結果が出ています。5年後には皆さんのFacebookのニュースフィードは動画コンテンツのみになるとまで言われています。

そんな中、マーケターの間ではさらなる要求をFacebookにしていました。それは1つひとつの動画の効果測定の指標項目の充実です。2016年8月12日(アメリカ時間)、Facebookは遂にその要望に応えるアップデートを動画インサイトに施しました。

これまでのFacebook動画インサイト

 まずは、これまでの動画インサイトでどんな項目が見れるのかまとめてみます。

  • 再生時間:再生時間は動画を投稿してから、その投稿が毎日トータルで何分再生されているかが表示されます。
  • リーチした人の数:文字通り何人にリーチしたかが見れるのですが、オーガニックリーチと宣伝リーチの内訳も表示されます。
  • 動画再生数:何回動画が再生されたかを表示した項目です。音声オン再生と音声オフ再生の内訳も見れます。
  • 10秒以上の再生数:注目したいのは「動画再生数」との差です。ここの差が大きいと、最初の10秒間を変えていかなければならないことが分かります。
  • ユニークビューワー:何人の人が再生したかの項目です。再生数をこの数値で割れば、1人当たりの平均再生数を算出できます。
  • リアクション、コメント、シェア:それぞれのリアクションの数がみれます。(*この項目の表の見方がわからないという人が多いので、後で表の見方を説明します。)
  • 平均完了率(%):動画を再生したユーザーが、何分の時点で何%まで減っているかを見れます。もし、そこかのポイントで一気に離脱していたら、その部分は今後修正していかないとダメだということです。

以上6項目です。だいたいYouTubeでも見れる指標は含まれていますね。

さて話は少し脱線しますが、先述したように「リアクション、コメント、シェア」の見方が分からないという人を結構見てきました。せっかくの機会なので、簡単に説明していきましょう。

まず下の表の1列にある「いいね!、超いいね!、コメント、シェア」は、必ずしも自分の投稿から得た数値ではありません。誰かファンが動画を自分のコンテンツとしてシェアしてくれた時に得た数値の含めた合計です。

そして、2列目の項目が全て投稿となっているのは「自分の投稿から得たいいね!、超いいね!、コメント、シェア数」ということです。もう1つの下の画像を見てみると、表の2列目の各リアクションの数値と一致していることが分かりますね。

そして、3列目のシェアが並べられている箇所は、「動画をシェアしてくれた人が獲得したいいね!、超いいね!コメント、シェア数」ということです。つまり、間接的に獲得したリアクションです。下の表では、自分の投稿から直接シェアしてくれた人が2人なので、その2人のシェアから「いいね!が22、超いいね!を1、コメントを5、シェアを6」貰ったということになります。

スクリーンショット 2016-08-14 3.38.24

スクリーンショット 2016-08-14 3.52.30

追加されるインサイト指標

 今回追加された項目は3つです。それではそれぞれ紹介していきましょう。

オーディエンス デモグラフィック

これが最も要求されてた項目と言っていいでしょう。 この項目では、各動画の視聴ユーザーの年齢、性別、地域を閲覧することができます。ファンの中でも好みや興味・関心は異なります。どのタイプのコンテンツがどの属性を惹き付けているのかを確認するには書かせない指標ですね。これらはLive動画や360°動画にも利用出来るようになっています。

スクリーンショット 2016-08-14 4.05.16

スクリーンショット 2016-08-14 4.05.25

画像参照:Facebook media, New Video Metrics: Understand the Audience and Engagement of Your Facebook Videos 

視聴時間別エンゲージメント

これはFacebook Liveに限った指標になっています。Facebook Liveのどのタイミングでいいね!やコメントがされたかを見ることができます。Liveの中のどのポイント、どの企画が反応良かったかを分析できるので、企画コンテンツの効果測定指標として欠かせないですね。

シェア先からの視聴回数

 この項目では各動画の再生回数を自分の投稿からかシェア先からか内訳してくれるものとなっています。動画は最もシェアされやすいコンテンツです。実は動画の再生の48%はシェア先からとなっていますので、シェアのインパクトを測定することも重要となりますね。

まとめ

以上が今回追加された動画インサイト項目です。やはり属性を見れるのが一番嬉しいアップデートだと思います。Facebookページのファンといえども、幅広い年齢層、性別、地域にいいね!されているページもあります。そういったページは、恐らくコンテンツによって反応している属性は異なってきます。各コンテンツのターゲットを定めるためにも、この指標は必ず使いたいですね。

ちなみに、まだこれは全てのページで見れるわけでありません。ですが、来週には全部のページに適応されるようです。

参照:Facebook media, New Video Metrics: Understand the Audience and Engagement of Your Facebook Videos 


さあ、KOBITをスタートしよう。