KOBITブログ

ヘルプ!ウェブマスターツールの使い方で分からないことあった時に解決に繋げる3つの方法

この記事は約 3分 で読めます。

ウェブマスターツールのヘルプを参照する人

1.なんでも検索してみよう

ウェブマスターツールの使い方等、解説してきましたが、わからないことがあったらとりあえずGoogleで検索してみてください。
「ウェブマスターツール 使い方」や「ウェブマスターツール 検索クエリ」等でわからないことを検索するといいでしょう。
Googleは正しく、間違ったことを書いてないばかりか有益なサイトを上位に表示してくれますので、上から見ていくのがいいでしょう。
Googleのヘルプだけでなく、一般のSEO関連サイトもたくさん表示されます。有益なものも多いので、ぜひ読んでみてください。

2.Google社のヘルプを見てみる

Googleのヘルプを見るのも有用です。
Googleのヘルプは日本語に対応しているものも数多くあり、非常に読みやすいです。
簡単な1分程度の動画も用意されている場合があります。ぜひ見てみましょう。
検索アナリティクスはまだまだ日本語のヘルプは少ないのですが、英語のヘルプもぜひ呼んでみてください。
今後も日本語ヘルプは拡充していく予定で、新しい機能があればどんどん追加されていきます。人に聞いたりコンサルを頼んだりする前に、ぜひ一度本家Googleのヘルプをご覧ください。

ウェブマスターツールのヘルプ

3.SEOコンサルティング会社に依頼する

どうしても使いこなせない場合、プロに頼むのもお勧めです。
月数万円で契約して、半年程度のコンサルティングを受けるといいでしょう。
ただし問題は、SEO業者の選定です。
くれぐれも電話営業をしてくるところは避けてください。
SEOやツールの使い方を教える仕事をしているのでしたら、webで十分集客ができているはずで、電話営業しなくとも集客できてるはずです。それができずに電話に頼る時点で、SEO業者としては実力がないということになります。
また、電話営業してくるSEO業者は、ウェブマスターツールの使い方は教えてくれますが、SEO対策だといって大量のバックリンクを販売してきたりします。それらは役に立たないばかりかペナルティの対象ですらあります。昔は外部リンクは評価されたのですが、現在は購入したリンクはばれてしまいます。
また内容のないジャンクコンテンツ、数百円で外注した記事を数万円で納品したりなど、ビジネスモデルに難点がある会社も多いです。

ではどのような業者がいいかというと、いつも読んでいるSEOやマーケティングの記事を書いている会社がコンサルをしていたらそこに依頼しましょう。
また個人で名前を出して、オピニオンを発信している方に直接依頼してもいいでしょう。Twitterなどを開いている方が多いですので、そこから依頼するといいでしょう。ただし著名な方は忙しく、金額も高い傾向があります。
また依頼すれば使い方が分かり、ばら色になるわけではありません。自分自身でしっかりと勉強し、知識をつけて、自分のホームページのために全力を尽くす必要があります。


さあ、KOBITをスタートしよう。