KOBITブログ

サイト訪問者の数を上げたい そんなあなたにリッチスニペットの利用のススメ

この記事は約 3分 で読めます。

サイト改善により訪問者が上昇

検索結果に表示される重要なキーワード

スニペットという言葉を聞いたことはあるでしょうか?あまり耳慣れない言葉ですが、検索結果を表示したときに、キーワードを含む短い文章を抽出し、表示しますよね?あれがスニペットです。スニペットを利用してクリック率を高めましょう。

「SEO」などのキーワード検索によるスニペットの例

ウェブマスターツールにあるリッチスニペット機能

リッチスニペットとは、より詳細なスニペット表示を可能にするものです。
具体的には、構造化データをマークアップにより記述することで詳細なスニペットが表示可能になります。
スニペットを詳細に表示することで検索結果で目立つことができ、よりクリックを誘導することができるようになるのです。
ではここで構造化データとは何かについて見て行きましょう。

構造化データとは何か

構造化データは、いわゆるHTMLのマークアップ言語のことです。
ページの著者、記事の内容、動画などのコンテンツを表現しています。
コンテンツの詳細な内容を検索エンジンに伝えることができるようになります。
マークアップ言語ですので、プログラミング言語と比べて容易で、それほど難しくはありませんのでぜひチャレンジしてみてください。

検索結果に表示されるものは、Googleが教えてくれる

検索結果に表示されるものといえば、meta descriptionタグを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。
meta descriptionタグは検索結果に表示される概要のことで、クリック率に大きく関わってきます。リッチスニペットとは異なります。
Googleは時としてmeta descriptionタグの内容を無視して、自分でコンテンツの内容を解析して適切だと思われる文章を表示することがあります。そしてその方がクリック率も高かったりするのが現実です。
サイトの中で重要だと思われて、なおかつユーザーの悩みを解決してくれるテキストを表示し、適切にページに誘導してくれるので、今後はスニペットやmeta descriptionよりもGoogleの自動表示を使ったほうが適切な文章が出てクリック率が高くなるでしょう。
また概要の中身にURLがついて移動できるようになっています。
これも自動で作っているのですからすごい技術だと改めて関心するばかりです。

関係ないスニペットはスパムに判断されるので注意!

関係ないスニペットを組んで、ユーザーに対して役に立たない情報で利用者を誘導したり、関連性がなかったり虚偽の内容をマークアップしたりなどしていると、Googleは違反とみなしてペナルティの対象となります。
このようにガイドラインの隙をついてクリック率を上昇させるよりも、そのエネルギーを内容の充実に向けましょう。その方がユーザーも喜びますし、検索結果も上がり、みなにとって幸せです。
Googleは訪問者が役に立つコンテンツを評価すると言う姿勢を一貫しているのです。


さあ、KOBITをスタートしよう。