KOBITブログ

中々訪問数が増えないなぁ……ウェブマスターツールを使ってサイトの改善ポイントを発見する方法

この記事は約 3分 で読めます。

サイト訪問者が上がらず悩む人

キーワードの解析等は、GoogleAnalyticsのほうが得意なのですが、ウェブマスターツールにもキーワードを解析する機能が別の側面からついています。
それが[検索クエリ]です。
どのようなキーワードがGoogleで検索され、何回表示されて、何回クリックされたのか、そしてクリック率はどれぐらいだったのかを教えてくれます。
クリック率(CTR)がわかるのはこのウェブマスターツールだけであり、サイト運営に重要な指標となっております。

検索クエリを使いこなそう

ここでは検索クエリを使いこなす方法をみていきます。
どのようなキーワードで集客するかは、GoogleAnalyticsで考えるといいと思います。
唯一のウェブマスターツールでのキーワード解析のポイントは、CTRです。
これは表示回数に対してどれだけクリックされたかと言う指標で、すなわち、タイトルにどれだけ魅力があったかまたはなかったかを教えてくれるものです。
いくらSEOで工夫して上位表示されても、クリックされなければなんの意味もありませんよね。検索クエリを表示したら、ダウンロードしてエクセルに落とし込み、表示回数順、CTR順などに並べかえて分析してみるのもいいでしょう。
このCTRは広告のクリック率などを分析するときにも使う指標です。

webマスターツール CTRの分析

CTRを改善しよう

データをダウンロードして、エクセルで分析してみましょう。
仮に掲載の順位が高いのに、CTRが低いページがあるとします。
それってつまり、タイトルと概要の引きが弱いということですよね。そうとわかれば、そのページのtitleタグとmeta descriptionタグに見直しをかけましょう。
ですがこれは広告のCTRとちがって即座に改善されるものではありません。
ある程度長い時間をかけて、検索流入からのキャッチ率が高くなるように、時間をかけて見直していきましょう。

サイトに訪問されなかったキーワードがわかる

GoogleAnalyticsのキーワード分析と異なる点は、GoogleAnalyticsはサイトに訪問されたキーワードがわかりますが、こちらでは訪問されなかったキーワードがわかるということです。ユーザーがどのような検索キーワードで検索していて、自分のサイトには何を求めてクリックしてくるのか、何を求めてないのでクリックしないのかがわかると思います。

キーワードプランナーと組み合わせよう

Googleは、広告出稿を管理するGoogleAdWordsに、キーワードプランナーという機能をつけています。キーワードプランナーを使えば、そもそもキーワードが月間どれぐらいの検索ボリュームを持っているのかがわかります。
キーワードプランナーを上手に使って、ターゲットとするキーワードを決めてください。
だいたい突き当り1000以上あるキーワードが望ましいでしょう。
またgoodkeywordを使えば複合キーワードの関連を知ることができます。

検索クエリー数の分析例


さあ、KOBITをスタートしよう。