KOBITブログ

ウェブマスターツールを導入するのにあたって必要なサイト設定のいろは

この記事は約 3分 で読めます。

ウェブマスターツールの最初の設定

無料ですのでアカウントを開いてサイトを設定しましょう

さあ、ウェブマスターツールを使いましょう!初期設定は簡単です。
GoogleにGoogleアカウントでログインし、サイトを登録するだけです。
もしGoogleAnalyticsを使っているなら同じアカウントで設定しましょう。

必ず必要な、所有権の設定

他人のサイトを勝手に管理しようとしてはいけません。ウェブマスターツールで解析できるのはあなたが所有しているサイトだけです。ですので所有権を確認します。
確認方法は4種類ありますので、一番理解できる方法でご利用ください。

1.DNSをドメイン設定に追加
2.GoogleAnalyticsのアカウントにリンクする
3.HTMLファイルをサーバーにアップロード
4.メタタグをサイトに追加

独自ドメインでサイトを運営しているのでしたらどのやり方でも構いませんし、無料ブログサービスを使っている場合は、4のメタタグを設定できるか探しましょう。大抵のブログサービスがメタタグに対応しています。
これらを確認するだけで設定は完了です。
さあ、機能の説明に入りましょう!

左側のメニューが、主なできることです

webマスタツールで解析できる例

ウェブマスターツールにログインすると、左側にメニューがでてきます。これがウェブマスターツールのできることの大きなカテゴリです。
機能はメインなのは[検索のデザイン][検索トラフィック][Googleインデックス][クロール]等があります。
一番上のダッシュボードは現在のステータスがわかり、その下のメッセージは、新しくGoogleからの通知が来ている場合にメッセージが入ります。こまめにログインしてチェックしましょう。

[検索のデザイン] Googleは、titleタグとmeta descripionタグを重視しています。これらが訪問者のクリックしたいと言う思いをかりたてるからです。そのため、もっと改善したほうがいいとGoogleが判断した場合はメッセージが送られます。
[検索トラフィック] 検索クエリではどんなキーワードで来訪したか、CTRはいくらか、ページ順位は何位かなどがわかります。またどこからリンクされているかなども知ることができます。
[Googleインデックス] Googleがあなたのサイトを登録している情報がわかります。またページ内のキーワード情報などもわかり、あなたのサイトがどんなキーワードで登録されているかがわかります。
[クロール] 検索エンジンのクローラに関する情報がわかります。クロールエラーやFetch as Googleなどが可能になります。

上記が主な機能になります。Googleがあなたのサイトをどのように見ているかをメンテナンスするサービスだと思ってください。
GoogleAnalyticsとは違った側面からサイトの管理を行うことができます。
サイトを運営するにはなくてはならないツールですので、しっかりと使い方を覚えてください。


さあ、KOBITをスタートしよう。