KOBITブログ

Webマーケティングには欠かせない!Webマスターツールを使うメリットとは?

この記事は約 4分 で読めます。

ウェブマスターツールによるサイト改善の例

Googleが提供する、Google検索のためのサービス

ブログやホームページを運営していれば、アクセス数は誰しも気になるところでしょう。
またどのページがよく読まれて、どのような読者がいるのか、傾向が知りたいと思うことがほとんどでしょう。
アクセスのほとんどはGoogleの検索結果から流入してきます。
その検索エンジンであるGoogleが、詳細なアクセス解析ができるサービスを無料で提供しています。それがWebマスターツールです。
Googleが提供しているツールですので、確実な情報が手に入ります。
機能は非常にたくさんあるのですが、それを使いこなして詳細なアクセス解析を行い、アクセス数アップを目指しましょう。

検索キーワードや掲載順位がわかります

周知の事実ですがGoogleの検索結果は、上位に表示されればされるほど、アクセスされる可能性が高まります。
ウェブマスターツールでは、もっとも検索されたキーワードがわかります。
ログインして[検索トラフィック]>[検索アナリティクス]から見ることができます。
掲載順位も見れますので、1位を目指して検索数の多いキーワードのコンテンツを増やしていくなどの対策が考えられます。

webマスターツールの画面例

どこからリンクされているかわかります

Googleは、外部からのリンクされているサイトを、有益なコンテンツとして評価します。
そのコンテンツが内容を伴うしっかりしたものであれば、他のホームページからリンクされて紹介されるだろうということです。
ちなみにこれを利用して相互リンクを貼ったり、三者でリンクを貼りあう三角リンクを行った場合はペナルティの対象になります。昔は相互リンクでも評価されたのですが、相互リンクはただ義務的にやっているだけで内容を伴わないと判断されたからです。
どこのリンク元から、どのページに対してリンクされているかがわかります。
[検索トラフィック]>[サイトへのリンク]をご覧ください。

内部リンクがわかります

Googleは内部リンクも評価してくれます。サイトの構造をわかりやすくして、ユーザーの利益になり、ユーザーも面白いと思ったホームページの他のコンテンツを読むのに便利だからです。自分のサイト内でどこにリンクを張っているかがわかるようになります。

スパム対策

Googleは検索エンジンが使われだしたころからずっとスパム対策に力を入れています。
今後もスパムには力をいれていくと宣言しています。
そのために手動でスパム対策を行っている場合は、表示されます。

地域や言語によるターゲットユーザーの設定

あなたのサイトが多言語化対応している場合は、hfreflangタグで設定できます。
これによりGoogleはあなたのサイトの言語と、訪問者の言語設定をあわせて適切なページに導いてくれます。

モバイル対応に関して

モバイル対応はサイトにとって重要な問題です。Googleもスマホ対策をしていないページは評価を下げると宣言しています。モバイルユーザービリティに問題がある場合は表示されます。


さあ、KOBITをスタートしよう。