KOBITブログ

ユーザー数5億人突破したInstagramの画像を作成する6つの基礎

この記事は約 5分 で読めます。

Best friends taking selfie outdoor with back lighting - Happy youth concept with young people having fun

Instagramのユーザー数が遂に5億人を超えました。そのうち何と80%がアメリカ以外の国で、アメリカのユーザー数はたった1億人のようです。つまり、世界で大きな広がりを見せているということですね。ちなみに、3億人から4億人、4億人から5億人と増えた期間は9〜10ヶ月でしたので、伸びる速度も相当速いと言えます。

そんな中、Instagramの広告ビジネスもかなり順調と言えるでしょう。去年広告APIが公開されてから、写真や動画だけでなく、カルーセル広告、ダイナミック広告が発表されました。どの取り組みも高く、現在では代表的なソーシャルメディア広告の一つとなりました。

実際に、アメリカの広告運用コンサル会社であるNanigansの顧客の中で、Instagramを利用する会社はなんと54%というデータが出ています。これはAPIが公開された当初より75%高い結果となっています。また、Instagramの月々の広告費も2016年2月から4月に掛けて29%も上昇したようです。

ig-adoption

ig-budgets
図参照:Nanigans official blog, Instagram Advertising Benchmarks: Adoption Soars as Return on Ad Spend Grows [Report]

やはり今後はInstagram広告は欠かせないサービスだと、多くのマーケターが実感していると思います。Instagramの特徴としては画像がメインになっている点です。デザイン性、クリエイティブ性が非常に求められるソーシャルメディアだと思います。もちろん、クリエイティブ性には定義はありません。しかし、Instagram用の画像を作成する際の最低限の基礎はあります。今回はその6つの基礎を紹介したいと思います。

1. フィードに合ったハッキリした画像

最も基本的なことですね。やはり、粗くぼやけた画像は避けるべきです。また、ハッキリしていて目立っていても、フィードのコンテキストに合った画像を採用することが質の高いコンテンツと言えます。

2. ブランドに誇示は避ける

特に広告で言えることなのですが、ロゴを画像に盛り込みたがる企業が多いです。 ですが、効果が高い広告は一般ユーザーが投稿している様な画像を採用しているものです。

普段の投稿も同様で、やはりブランドをアピールしすぎて伝えたいコンテンツの意味が失われている傾向が見られます。ですので、ブランドアピールをしたいのならば、例えばコンテンツの色をブランドカラーにして、少し印象に残す程度が良いかもしれません。

3. 最小限のテキスト

画像の中にクリエイティブな文字を入れることもあると思います。Facebookの場合、画像に占めるテキストの割合が20%を超えると広告の掲載ができません。それは、文字によって画像のクリエイティブ性が失われると考えられているためです。

しかし、Instagramではその20%の制限は設けられていません。とはいえ、やはりテキストによって画像の質が落ちるケースが多いので、Facebookのルールに乗っ取っておくのがお勧めです。テキストは、テキストエリアに加えるように心がけましょう。

4. 注目ポイントを作る

アピールしたいことがたくさんありすぎて、複雑で何処に注目していいか分からない画像も見かけます。本当に注目してもらいたい点は一つに絞って、ユーザーの目を引きましょう。もちろん、注目してもらいたいポイントは、色や明るさを調整して目一杯目立たせるのがコツです。

5. 大胆な色を使ってみる

画像のクリエイティブ性において色は非常に影響力があります。鮮やかな色使いは、他の投稿を差し置いて目立つ画像にしてくれます。

下のカルーセル画像は、もう少し工夫していて、感情に合わせた色を各々の画像に合わせています。これも一つのテクニックです。

ig-color
図参照:http://marketingland.com/instagram-advertising-whats-working-part-2-181355 

6. 独自のテーマを構築する

自分だからこそ表現できるテーマを構築して、一貫したコンテンツを発信をしましょう。もし既に高い効果を出せるクリエイティブテーマがあるのでしたら、Instagramだからと言ってテーマを再検討する必要はありません。一貫性を持たせることが、継続的に投稿するコンンテンツに力を与えてくれます。また、ユーザーのブランドに対する純粋想起率も高まりますので、信頼を集めるという意味でもいいかもしれません。

まとめ

如何だったでしょうか?これからInstagramを始める方、画像のクリエイティブ性に自信の無い方は是非この6つの基礎を実践してみて下さい。

参照:Marketing Land, Instagram by the numbers: 500 million members strong (and more) Instagram Advertising: What’s Working? Instagram advertising: What’s working? Part 2


さあ、KOBITをスタートしよう。