KOBITブログ

予算ではなく知恵を使うマーケティング!「グロースハック」の方法と実例まとめ

この記事は約 6分 で読めます。

グロースハックが生まれる木

あなたは「グロースハック」という言葉を知っていますか?

「グロースハック」とはお金をかけずにサイトの集客率や成約率を上げる試みのことで、2010年に提唱されて以降、少しずつ認知されてきています。

どのようにグロースハックさせるのか全然分からないと思っても、本コラムで正しい知識を身につけ適切な努力をすることができれば、あなたも今日から「グロースハッカー」としての一歩を踏み出すことができます。

本コラムでは、ここまで紹介してきた「グロースハック」に関するコラムをまとめます。

グロースハックとは

生まれた背景・役割・プロセス

PDCA プロセス

そもそも「グロースハック」とは、どういった背景で、どういった役割を果たすために生まれたのでしょうか。

以下のコラムでは、上から順番に生まれた背景役割基本的なステップについて解説しました。

グロースハックの考え方

また、以下のコラムでは、グロースハックの考え方について解説しました。この考え方を基本としてグロースハックは行われるため、グロースハッカーはこの部分を正しく理解している必要があります。

グロースハックと組織

グロースハックはweb担当者が一人で行うべきものではありません。組織全体で協力し取り組むことで、真に効果を発揮していきます。

グロースハックを行う経営層の男性ビジネスマン

以下のコラムでは、グロースハックと組織について解説しています。

 

グロースハックの方法論

ここまでのコラムを読んで、「グロースハックがどういうものかはわかったけど、実際どうやって行うの?」と思った方もいるかもしれません。

その疑問の答えとして、以下のコラムでグロースハックの方法論について紹介・解説しています。

ユーザーの流れを可視化するグロースハックファンネル

グロースハックは、

で解説したAARRRモデル(Acquisition(獲得)、Activation(利用開始)、Retention(継続)、Referral(紹介)、Revenue(収益の発生))という考え方をベースに行われます。

各ステップで具体的に行う施策については、それぞれ以下のコラムで解説しています。

また、

ではまとめとして、施策を一覧にしているので、webサイトの課題がどのステップにあるか明確な場合は、ぜひ参考にして取り組んでみてください。

国内外の20の成功例

続いて、以下のコラムでは、国内外の20のグロースハックの成功例を紹介しています。

成功例を分析することで、自社のサイトに合ったグロースハックのアイデアが浮かんだり、グロースハック成功のイメージが具体的に見えてくるかもしれません。とてもユニークな例ばかりなので、まずは一読してみてください。

物語を創ることでグロースハックを成功させた男

 

サイト目的別の施策例

ここまでのコラムでは、グロースハックの全体像を見てきましたが、ここからのコラムでは、サイトの目的別に今すぐできるグロースハック施策を紹介しています。

まず、下記のコラムでwebサイトを「コーポレートサイト、ブランドサイト」、「店舗案内」、「Eコマース」、「Webメディア」、そして「Webサービス」の5つに大別しました。

そして、5種類のそれぞれのサイトについて、以下に目的と打てる施策を具体例と共に紹介しました。

目的 紹介ページ
コーポレートサイト、ブランドサイト 「コンテンツマーケティング」でコーポレートサイトの集客を増やす
店舗案内 「O2O」で相互誘導!店舗案内型Webサイトの目的と施策
Eコマース ECサイトの成約率を上げるグロースハックとは?マルチメディアとABテスト
Webメディア

インフルエンサーマーケティングって? ソーシャルメディアでの集客法

Webサービス マズローの欲求段階説から考える 承認欲求を利用するグロースハック

少しの工夫で大きな成功につながる可能性もあります。試せるものはぜひ試してみてください。

グロースハックに活用できるツール

インフルエンサーマーケティング

最後に、以下のコラムでは、グロースハックに活用できるツールをまとめました。

どうしてもアイディアが浮かばない、施策が成功しない、どうしたらいいかわからない。そんな時はツールを使うという手段もあります。

まとめ

成功例を見ると、グロースハックを実施することでwebサイトは一気に成長するように見えます。しかし、実際のグロースハックは地道な分析と検証の繰り返しであり、webサイトは小さな成功を積み重ねることで、螺旋を描くようにステップアップしていきます。

一気に成長させることは難しくとも、一歩を踏み出すことはできます。

サイトを成長させたいと思っているあなたは、ぜひ、本コラムを参考に「グロースハッカー」を目指してみてください。


さあ、KOBITをスタートしよう。