KOBITブログ

B2Bマーケティングでも効果を発揮する国内・海外の動画マーケティング事例11選

この記事は約 7分 で読めます。

Wantedly

B2B動画の利用が進んでいます。多くのマーケティング担当者が動画作成に携わり、自社サイトやYouTubeなどで公開するようになりました。イメージを伝えるアニメーション、製品紹介するためのハウツー動画、顧客と協力した導入事例など、様々な手法が提案されています。ブランド認知を高める段階から既存顧客との関係構築まで、マーケティングのあらゆる段階で動画の利用が可能です。本記事では国内・海外の動画マーケティング事例を紹介します。

動画マーケティングを行う企業は96%

2015年にアメリカで行われた調査によると、動画制作に関わるマーケティング担当者は実に96%に上ります。特に、73%の回答者は、動画がマーケティングへ良い影響を与えていると考えています。動画を活用する目的として、ブランド認知の向上、製品やサービスの紹介、SEOの改善、新規顧客獲得、見込み顧客との関係深化、Webサイトのコンバージョン向上などが挙げられました。

動画は文章や画像に比べて、強い印象が与えられます。ブランド認知の向上を目指す場合であれば、映像や音楽と組み合わせることで、企業イメージを感覚的に伝えられるでしょう。また、製品紹介であれば、映像を使ってデモを行ったり、ステップ・バイ・ステップで使い方を解説したりして、分かりやすい説明動画を作れます。そして、新規顧客獲得のためには、実際の顧客に動画へ登場してもらい、導入事例やケーススタディを解説してもらう方法が考えられます。その他にも、会社の裏側を見せたり、Webサイトへのリンクを設置したりする企業があります。

国内・海外の動画マーケティング事例11選

Google AdWords:活用事例紹介

Google

Googleの広告ネットワークは広告主である企業を顧客としています。ラーメン屋など、一見オンラインビジネスとは関係ないと思われる顧客企業を動画に登場させ、ニーズの掘り起こしを行っています。文字で示すよりも、人間が言葉で話すほうが、多くの情報を伝えられることが分かります。

https://www.youtube.com/watch?v=s_QezGTx6yo

freee:業界のトレンドを解説

Freee

クラウド型の会計ソフトを提供するfreee(フリー)は会社紹介、製品マニュアルなどの動画を公開しています。同社の主要顧客は中小企業や個人事業主であるため、対象顧客が気になる話題を取り扱ってきました。確定申告や決算書の作成、さらにはマイナンバー制度の解説など、有益な情報提供によりアクセス数を上げています。

https://www.youtube.com/watch?v=0FoQsjX55KQ

Wantedly:有力企業との協働

Wantedly

人材紹介Webサービスを展開するWantedlyは顧客の声を動画にて公開しています。特に、メディアに取り上げられる頻度の高い企業や、積極的に採用を行い急成長を遂げている企業を取り上げて、より注目の高い動画に仕上げています。

https://www.youtube.com/watch?v=vK3a0RPgX4o

オラクル:製品紹介セミナー

Oracle

データベースや企業向けソフトウェアを開発するオラクルは、多数の製品紹介動画を公開しています。専門性の高い製品について詳細な情報を提供しています。イベントで話した内容をオンラインセミナーとしてYouTubeで公開しているため、動画を再収録する必要がなく、費用対効果を高めているのが特徴です。

https://www.youtube.com/watch?v=7jT1J8jKfwA

グッドパッチ:企業沿革のイメージ動画

goodpatch

東京とベルリンにオフィスを構えるデザイン会社グッドパッチは、4年にわたる会社の歴史を動画にまとめています。会社の歴史は通常、定型的な時系列情報として文字に落とされますが、動画として表現しているため、会社の雰囲気や勢いがよく理解できます。会社の裏側を公開するのは顧客に限らず、パートナー企業や金融機関などに訴求する効果のある優れた手法です。

https://vimeo.com/138038076

Taulia:ユーモアを交えた会社ビジョンの紹介

Taulia

Tauliaはクラウド型の請求管理サービスを提供しています。同社は動画マーケティングに力を入れており、商品や顧客の声を紹介する動画を多数YouTubeに公開してきました。B2Bマーケティングでは真面目な動画が多くなりがちですが、Tauliaはユーモアの心を忘れません。請求管理がうまく行かなければ会社が傾き、自分の職も危うくなるというメッセージを愉快な動画にまとめ、会社のビジョンを伝えています。

https://www.youtube.com/watch?v=aWSgXwiZimY

Salesforce:業界ごとの製品紹介

salesforce

Salesforce(セールスフォース)はCRM(顧客情報管理システム)の世界的リーダー企業です。業界、会社規模に関わらず、様々な顧客を対象にしています。YouTubeではNPO(非営利企業)や高等教育機関といった特定の業界に特化したソリューション紹介の動画を公開し、その価値を訴求しました。

https://www.youtube.com/watch?v=k8XFjzcIbGs

HubSpot:アクセスアップのためのハウツー動画

Hubspot

HubSpotはインバウンドマーケティングを支援するマーケティングツールを開発・提供しています。顧客はWebサイトのアクセスアップを求めており、具体的なノウハウを知りたいと考えています。HubSpotは同社製品を中心に、ソーシャルメディアを用いてサイトの訪問者を増やすためのハウツー動画を公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=0OF32eN13HQ

Slack:実在の導入事例

Slack

企業内チャットシステムで成長を続けるSlackは導入事例をビデオによって紹介しています。導入事例はB2Bマーケティングにおける強力なツールです。実在の企業、実在の従業員がどのように製品を利用しているかを説明すると、購入を検討している見込み顧客に対して強いアピールができます。

https://www.youtube.com/watch?v=B6zVzWU95Sw

GoToMeeting:経営層から現場の社員まで登場

GoToMeeting

ビデオ会議システムを提供するGoToMeetingは、顧客の声を動画にまとめて公開しました。経営層から現場の社員まで順番に登場し、製品をどのように利用し、どのような効果が上がっているかを紹介しています。軽快な音楽や2分程度の簡潔なビデオが効果的です。

https://www.youtube.com/watch?v=IA1tGU5fHlM

Zendesk:製品マニュアルを全て公開

zendesk

カスタマーサポートのソフトウェアを開発するZendeskは国内でも利用が広がっています。Zendeskは製品マニュアルを動画にしてYouTubeで公開しました。各手続きが1分程度の動画にまとまっており、必要な個所だけ再生できます。ステップ・バイ・ステップで使用方法が解説されているため、初心者でも簡単に理解できるのが特徴です。カスタマーサポートの会社だけに、カスタマーサポートには力を入れているのでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=WaKmflSbKcs

まとめ

動画は強い印象を与えられるため、ブランド認知から製品紹介、ハウツー動画、導入事例まで様々な用途で利用されています。セミナー動画や製品デモなどを活用すれば、安価で効率的に動画が作成できるケースもあるでしょう。

参考文献

http://dougamarketing.net/power-of-videomarketing


さあ、KOBITをスタートしよう。