KOBITブログ

Google AdWordsとの連携で詳細なSEO分析も可能な「集客」カテゴリ

この記事は約 4分 で読めます。

Google adwordsを利用して集客効果を上げる!

前回までのコラムでは、Google Analyticsレポートの「ユーザー」カテゴリの画面解説を行い、ユーザーカテゴリの目的は「誰が」「いつ」「どこで」訪問してきているのかを分析することだと解説しました。

今回からはその続きとして、Google Analyticsレポートの「集客」カテゴリの画面解説を行っていき、その目的と具体的な使用法を明らかにしていきます。

集客カテゴリ

目的

訪問者を獲得するには多くの時間とコストがかかります。予算を確保してユーザーの増加を目指す場合、投資対効果を測定することが必須です。狙い通りの成果が上げられなければ、広告戦略を改善する必要があります。

集客カテゴリでは、訪問者がどこから流入してきたのかを知ることができます。

さらに、流入元別に、直帰率・滞在時間・閲覧ページ数といった切り口で成果を分析することができます。より高い成果を上げている流入元からは、Webサイトへの興味をより強くもったユーザーが入ってきていることを特定できます。その流入元を中心に広告を投入することで、マーケティングに関わる予算を最適化することが可能になります。

集客カテゴリはGoogle AdWordsGoogleが提供している、Googleの検索結果ページに広告を出すことができるインターネット広告サービスとの連携が可能です。AdWordsを利用して広告を出稿している場合、広告のクリックからWebサイトの成約までを俯瞰して見ることが可能になります。

また、相互のアカウントでデータの入出力を行うことができるため、利便性も高まります。Google AdWordsではなく、Facebookなどのソーシャルネットワークで出稿している場合は、別途レポートを参照することができます。

サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール。Google検索でどのように表示・クリックされたかを管理する機能)との連携を行うと、SEOの分析がより詳細に行えるようになります。

サーチコンソールの情報が集客カテゴリに送信され、Googleの検索結果ページで表示・クリックされた回数や掲載順位を知ることができます。目標とする掲載順位より低い場合には、SEOに関する改善策をとる必要があることが分かります。

 

サマリー

アクセス 「集客」 > 「集客サマリー」
5W1H How(どのように)
AARRRモデル Acquisition (獲得)

 

Google Analyticsレポートで「集客」 > 「サマリー」を選択すると、以下のような画面が表示されます。集客>サマリー

サマリーレポートでは集客に関する重要な指標を俯瞰することができます。ユーザーがWebサイトを訪問する際に、どのチャネルを経由しているかを知ることができます。流入元毎の行動やコンバージョンを知ることで、ユーザーの行動パターン・購買パターンを推定することができます。チャネルは以下のものが定義されています。

指標 説明
Direct WebサイトのURLを直接入力した場合。「お気に入り」からWebサイトを訪れたケースなど
Organic Search Googleの自然検索結果に表示され、そのリンクから訪問した場合
Referral 他のWebサイトのリンクを辿って訪問した場合。その他のチャネルに含まれないものはReferralに分類される
Email Eメール内のリンクを辿って訪問した場合。カスタムキャンペーンの設定が必要
Paid Search Google AdWords広告をクリックして訪問した場合
Other Advertising 他のWebサイト上のテキスト広告などをクリックして訪問した場合。カスタムキャンペーンの設定が必要
Social ソーシャルネットワークサイトから訪問した場合
Display バナー広告やディスプレイ広告をクリックして訪問した場合

まとめ

集客カテゴリでは訪問者がどこから流入してきたのか、ユーザーの行動パターン・購買パターンを推具体的に知ることができます。

また、Google AdWordsを使用している場合やサーチコンソールと連携していればさらに更に詳細な分析ができ、そこからSEOに関する新たな施策を打つことが可能になります。


さあ、KOBITをスタートしよう。