KOBITブログ

Google Analyticsでは検索ワードやユーザー属性がどうして得られるの?

この記事は約 4分 で読めます。

Google アナリティクスでトラッキングしている様子

Google Analyticsからわかること

Google Analyticsでは、どのような情報が取得できるのでしょうか。

まず、マクロな視点から観た指標としては、訪問者数やページあたりの閲覧回数、リピーター比率などがあります。ミクロな視点では、年齢・性別といった属性や、訪問者がモバイル機器を使っているかどうかといった環境の情報などが得られます。

また、訪問者の導線の視点で見ることもできます。どのような検索キーワードでWebサイトを発見してきたのか、すぐにページを閉じたか、滞在時間はどのくらいか、といったWebサイト内での訪問者の行動を把握することができます。訪問者の情報はリアルタイムで取得することも可能です。

さらに、KPI(Key Performance Indicator)という目標値を設定し、投資対効果測定を行うこともできます。便利な機能として、出力されるレポートをカスタマイズしたり、メールで送信したりすることもできます。

 

Google Analyticsの仕組み

では、Google Analyticsはどのような仕組みで動いているのでしょうか。

まず、Google Analyticsでアカウントを登録すると、トラッキングコードとよばれる数行のプログラムが発行されます。次に、このトラッキングコードをWebサイトに設置する必要があります。Webサービスやブログに、このトラッキングコードをコピーして貼り付けます。訪問者がWebサイトを訪れた際に、このトラッキングコードが呼び出され、Google Analyticsへ必要な情報を送信することになります。

Google Analyticsが訪問者の情報を特定するために、Cookieと呼ばれる仕組みを利用しています。CookieとはWebサイトに関する情報を、閲覧者のブラウザに一時的に保存する機能です。Cookieを用いることで、Google Analyticsは訪問者の属性を特定することができます。そして、Webサイトの閲覧情報がGoogle Analyticsのシステムに蓄積されていくので、Webサイト管理者は、Google Analyticsにアクセスすることで、その解析レポートを参照することができるようになります。

 

トラッキングコードとCookie

上記のように、Google AnalyticsではトラッキングコードとCookieという二つの技術に基づいています。これらが対応していない環境ではGoogle Analyticsを使用することができません。ブログサイトなどでは独自のアクセス解析サービスが推奨されていますが、多くのブログサイトではGoogle Analyticsの設置が可能といわれています。

Google Analyticsの仕組み

一方で、Cookieはサイト訪問者側の設定になります。通常は利便性を高めるためにCookieの使用を認める設定になっていますが、例外的に訪問者がCookieを無効にしている場合は、Google Analyticsで必要な情報を正確に得ることができなくなります。

ただ何となく使うのではなく、Google Analyticsの全体像を把握し、あなたのサイトに必要な情報を分析できるようにしましょう。


さあ、KOBITをスタートしよう。