KOBITブログ

広告効果を測定したい?Google AdWordsにおけるコンバージョンタグの使い方

この記事は約 7分 で読めます。

conversion1

広告を出稿しただけで満足していませんか?多くの予算をかけて出稿した広告が、どのくらいの集客につながり、商品購入や問い合わせといった成果をどれほど上げているのか、分析するのはマーケティング担当者の責任と言えるでしょう。Google AdWordsでは広告キャンペーンと関連づけて投資対効果を測定する機能を提供しています。「コンバージョンタグ」と呼ばれる短いプログラムをWebサイトやモバイルアプリに設定するだけで、広告効果測定が行えるようになります。

広告効果測定に必須のコンバージョンタグ

広告キャンペーンに紐づいた広告効果測定

Google AdWordsで広告キャンペーンを展開する際には広告効果の測定が欠かせません。どの広告がどのような成果につながったかが確認できなければ、分析も改善も行えないからです。Webサイトやモバイルアプリ上で、どの広告が商品購入や問い合わせといったユーザー行動につながったかを知る必要があります。「コンバージョンタグ」は、この広告効果測定を実現します。

Google AdWordsのコンバージョンは施策と関連付けて計測されます。各キーワード、広告、広告グループ、キャンペーンについて、どの広告がどのコンバージョンに貢献したかを定量的に評価します。コンバージョンタグを設定すると「目標コンバージョン単価」の機能が使用できるようになるのも魅力の一つです。コンバージョンで得られる経済的利益よりも、広告にかける費用が大きくなってしまっては、広告を出稿する意味がありません。目標に対して最適な予算をかけられるよう最適化する仕組みが「目標コンバージョン単価」です。

Google AnalyticsとGoogle AdWordsでのコンバージョンの違い

コンバージョンタグはGoogle Analyticsのようなアクセス解析ツールでも提供されていますが、それぞれ計測する目的が異なります。Google AdWordsは広告キャンペーンを行う仕組みであるため、広告キャンペーンと紐づけてコンバージョンを測定します。そのため、コンバージョンを測定する対象は、広告をクリックしたというイベントを指します。

一方、Google Analyticsでは広告効果と関連されるケースは少なく、Webサイトやモバイルアプリ内でユーザーがどのような行動をとっているかを理解することを目的とします。ユーザーがどこから流入したかに関わらず、あらゆるセッションを測定対象とするのが特徴です。Google AnalyticsとGoogle AdWordsの間では、同じコンバージョンという用語を使っていても、意味合いや測定する対象が異なってきます。

コンバージョンタグ設定の前提条件

コンバージョンの測定は、Webサイトに短い「タグ」を埋め込むだけで完了します。タグとは短いプログラムのようなもので、訪問者がWebサイトを表示した際に、訪問者の情報を広告サイトに送信する役割を果たします。個人情報の分からない状態ではありますが、どの広告をクリックしたユーザーが、商品購入などのコンバージョンまで到達したのかを追跡し、記録できるようになるのです。

コンバージョンは多くのインターネット広告サービスが対応しています。Google AdWordsやYahoo!リスティング広告が、その代表例と言えるでしょう。また、アフィリエイトサービスなども広告効果を測定するために、コンバージョンを計測できます。

また、Webサイトを編集するための権限も必要になります。HTMLなどの編集が必要になるため、外部委託業者に依頼する場合には、編集権限を渡さなければなりません。また、コンバージョンタグの設置には、WordPressなどのコンテンツ管理システムも利用可能です。

Google AdWordsにおけるコンバージョンタグの生成

コンバージョントラッキングの開始

conversion1

Google AdWordsにログインし「運用ツール>コンバージョントラッキング」を選択します。あらかじめ広告キャンペーンを作成しておく必要があります。

コンバージョンの基本設定

conversion2  

コンバージョンの追加ボタンをクリックすると、サイトやモバイルアプリなどの、設置するべき対象の選択画面へ移ります。Webサイトの運営であれば、サイトを選択します。「保存して次へ」をクリックすると、基本設定の画面へ遷移します。

基本設定では、どのようにコンバージョンを測定するのかを決定します。まず、測定する対象が分かりやすいように名前をつけます。「値」では1回のコンバージョンがもたらす価値を定量的に表現します。Eコマースサイトでは購入金額が該当するでしょう。会員登録の場合、顧客一人あたりの生涯価値(LTV)を設定しておけば、広告効果を定量的に評価できるようになります。コンバージョンの回数のみに興味がある場合、「値を設定しない」を選択します。

「カウント」ではコンバージョンの回数か、コンバージョンしたユーザー数を計測するかを決定します。「計測期間」では広告をクリックしてからコンバージョンを達成するまでの期限です。30日に設定している場合、広告をクリックした後、30日間の間にコンバージョンした回数が全てカウントされます。「カテゴリ」はコンバージョンの種類を選択します。同様の指標同士で比較ができるよう、「購入・販売」「申し込み」「販売促進」「主要なページの閲覧」「その他」から選択可能です。最後に、この情報をレポートに含める場合は「コンバージョンに含める」に「はい」と回答します。

タグの取得

conversion3

基本設定が完了すると、画面下部にタグが表示されます。ボックス内のプログラムをコピーして、コンバージョン対象の画面のHTML文書に貼り付けます。設定情報を書き換えないよう、タグは編集しないようにしましょう。エンジニアにタグ設置作業を依頼する場合には「手順とタグをメールで送信」の機能が便利です。

WordPressにおけるコンバージョンタグの設定

conversion4

WordPressではContact Form7という問い合わせフォーム用のプラグインがよく利用されています。このプラグインを利用すると、コンバージョンタグが簡単に導入できます。コンタクトフォームの編集画面において、「その他の設定」タブを選択し、Google AdWordsで取得したタグを貼り付けるだけで完了です。

まとめ

Google AdWordsでは広告キャンペーンに紐づいた投資対効果を測定できるコンバージョンタグの設定を支援しています。アクセス解析を目的としたGoogle Analyticsとは異なり、施策ごとの広告効果を対象にしているのが特徴です。自動生成されたプログラムを設置するだけで簡単に使用が可能できるのも魅力と言えるでしょう。


CATEGORY:

さあ、KOBITをスタートしよう。