WEBマーケティング

Shazamを使った飲める広告

窪田望
窪田望
2022/08/08 03:00

飲める広告があるのをご存知でしょうか。

「Shazam(シャザム)」という、
流れている音楽に対してアプリを起動すると
それがどんな音楽なのかを
特定してくれるサービスがあります。

これをコカ・コーラ社がうまく広告に使ったんです。

コカ・コーラが出していた CM に対して
Shazamを当てると
それを自動的に解析をしてくれて
スマホの中でコーラの CM を流れるんです。

それを最後まで視聴すると
「コーラを一本無料」のクーポンが出てきて
コンビニなどでコーラを受け取ることができる
広告キャンペーンなんですね!

よくある「無料プレゼント」でも
その伝え方、届け方がすごく大事なんですね。
(専門用語で「デリバリー」といいます)

参加者が少しでも楽しめる工夫をいれることで
ユニークなプロモーションに変化しますね!

次回は
「高いのに売れる家電屋さん」
について解説します。

お楽しみに!


Shazamを使った飲める広告

@kubotanozomu Shazam使ったことある?#TikTok教室#ライフハック#社長#Shazam#コーラ ♬ オリジナル楽曲 – 窪田望社長 – 窪田望社長🪤

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングShazamを使った飲める広告