WEBマーケティング

閲覧禁止!?人間心理を巧みに操るカリギュラ効果とは

窪田望
窪田望
2022/07/24 09:46

株式会社クリエイターズネクストの窪田です。

「マーケティングと心理学」について考えていくシリーズ。良いコンテンツを作るには、人の心理を知ることは非常に大切なことです。

前回の記事「ツァイガルニク効果×マーケティング」はこちら

第6回目の今回は、カリギュラ効果について解説し、マーケティング・コンテンツ制作に活かすコツをご紹介します。

人間心理に刺さるカリギュラ効果とは

今日はですね・・・とても恐ろしいことを話すので、この後の記事は絶対に見ないでください!

もう一度言います、絶対に見ないでください!

これを聞いてどのように感じましたでしょうか?

実は今回のテーマであるカリギュラ効果とは、「絶対に◯◯しないでください」という、禁止されると、かえってやりたくなる心理のことです。

絶対に見ないでくださいよ!

カリギュラ効果を用いたマーケティング事例

この禁止によって人間心理を掻き立てるカリギュラ効果は、ビジネスやマーケティングの場で様々活用されています。

ここではいくつか事例を見ていきながらカリギュラ効果について理解を深めていきたいと思います。

再春館製薬所のドモホルンリンクル

スキンケアブランドとして歴史のある再春館製薬所では、ドモホルンリンクルという商品があります。

この商品では、テレビCMのキャッチコピーでこのようなフレーズがあったことを記憶している方も多いのではないでしょうか。

残念ながら、初めての方にドモホルンリンクルはお売りできません。

これを見た時に私たちは、

 

  • わざわざあんなテレビCMで何億円もかけて「これはお売りできません」と言うのは一体どういうことだろう?
  • よっぽど良い商品なのかな?
  • 自信を持ってるからなのかな?

 

という風に思ってしまうのではないでしょうか。

このようにドモホルンリンクルは「禁止されるとやりたくなる」を商品に活用した事例の代表と言えます。

カリギュラ効果の由来になった映画「カリギュラ」

カリギュラ効果のもととなったのは、実は映画だったということはあまり知られていないところかもしれません。

1980年に「カリギュラ」というイタリア・アメリカ合作映画が公開されました。

この映画は、表向きはローマ帝国を描いた歴史超大作だったのですが、蓋を開けてみると、あまりに過激すぎて話題になりすぎてしまったのです。

絶対に見るな!これめちゃめちゃ過激だから!絶対に見ちゃだめだ!

という口コミが広がっていくことで、次々と見てしまう人が続出してしまったのです。

ここから禁止されるとやりたくなることを「カリギュラ効果」と呼ぶようになったのです。

テレビ番組「フリースタイルダンジョン」

テレビ朝日で深夜に放送されているヒップホップ番組の「フリースタイルダンジョン」でも、要所でカリギュラ効果を巧みに活用しています。

時々「コンプラ!」っていう風にテロップを出すことで

「あれすごいこと言ったんじゃないの?」
「あれとんでもないこと言ってるな!」

ということで、視聴者はつい気になってしまう。

これのもととなっているのが、テレビのピー音です。

日本のテレビ番組と言えば、放送禁止用語に対して「ピー」っていう音が鳴る文化がありますが、これも、なんかすごいこと言ったんだなという気にさせてしまいます。

ちなみに、フリースタイルダンジョンでは、ラップ中に「ピー音」を入れてしまうヒップホップのリズムが崩れたり音が変化してしまうため、それに配慮して、「コンプラ」という言葉を発明したという風に言われています。

ダチョウ倶楽部の鉄板ギャグ

ダチョウ倶楽部さんの鉄板ギャグ

「押すなよ!押すなよ!押すなよっ!」と相手に言って、最後に熱湯風呂に落とされる。

これもカリギュラ効果をお笑いに転化しているモデルと言えます。

「悪用厳禁!」「これ悪いことに絶対使っちゃいけませんよ!」「これ危ないよ! 」

という風に言うと、ついやりたくなってしまう心理効果です。

昔話・おとぎ話

国内外問わず、昔のお話にも、実はカリギュラ効果がよく登場しています。

例えば、浦島太郎、舌切り雀、パンドラの箱などは、「開けちゃだめだよ」と言われ続けているのに、開けたくなってしまい、さまざまな不幸に見舞われるというお話です。

やはりこれも、禁止されてしまうと人間は逆の行動をしてしまうカリギュラ効果によるものです。

まとめ

カリギュラ効果は、禁止することで思った方向に行動させる心理テクニックになります。

しかしながら、禁止の度合いが強すぎるとただ反発を買って終わりという側面もあります。

そのため、カリギュラ効果をビジネスやマーケティングに活用する際には、「禁止する強さ」をよく考えるようにしましょう!

 
 

◎本記事の内容はYouTubeチャンネル「窪田望のアンテナ」でもご覧頂けます!

【この動画は危険すぎるので、閲覧禁止。カリギュラ効果とは?】の動画本編はこちら

 
 
納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティング閲覧禁止!?人間心理を巧みに操るカリギュラ効果とは