KOBITブログ

物語を創り出すことで、グロースハックを成功させた4つの事例

この記事は約 6分 で読めます。

物語を創ることでグロースハックを成功させた男

人間は丸暗記よりも、ストーリー性のある記憶に強いと言われます。脈絡、前後関係、意味を伴うと、情報と情報が結びつき、より強い印象を与えます。強い印象を残す施策を実施することで、自然とユーザーはそのWebサイトを訪問(Acquisition)し、他者に紹介(Referral)し、継続的に利用(Retention)することが期待されます。

アイス・バケツ・チャレンジ

© Chris Rand / https://commons.wikimedia.org/wiki/File:John_Maino_performs_the_ALS_Ice_Bucket_Challenge.jpg / Creative Commons Attribution-Share Alike 4.0 International

© Chris Rand /
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:John_Maino_performs_the_ALS_Ice_Bucket_Challenge.jpg
/ Creative Commons Attribution-Share Alike 4.0 International より引用

サービス提供者

アメリカALS協会。筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究支援のため、その病気の認知度向上や寄付金の募集を行う非営利団体。
グロースハックの施策
2014年夏に、寄付金調達のために、アイス・バケツ・チャレンジというキャンペーンを実施しました。参加者は、難病支援のために100ドル寄付するか、バケツ一杯の氷水をかぶるか、あるいはその両方かを選択します。氷水をかぶる場合、動画でその様子を撮影し、Facebook等のソーシャルメディアへの投稿を行います。そして、次の参加者を三人指名(挑戦状を送る)し、24時間以内に寄付か氷水のいずれかの行動をとるように促し、参加が完了です。

施策の狙い

難病支援という社会的に認められたストーリーがあるため、運動に参加することが好意的に認められやすい点が、この運動のポイントです。また、オバマ大統領、ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏など著名人が参加していることを公にしたため、参加することが「良いこと・かっこいいこと」と認識され、より口コミを拡大させました。加えて、以下の特徴が人々の参加行動を促進したと言われています。

  • 時間期限があり、行動を迫られること
  • 「やる・やらない」ではなく「いずれかをやる」というように選択肢が提示されていること
  • 公に指名されることで、何らかの反応を要求されること
  • 3人の知人の名前を挙げるだけで、容易に広められること

グロースハックの成果

2013年一年間で270万ドルだった寄付金は、アイス・バケツ・チャレンジが流行した一ヶ月だけで9800万ドルの寄付を獲得しました。YouTubeには230万件、Facebookには240万件、Instagramには370万件の投稿がなされ、世界的な注目を集めました。

1:Face

http://www.1face.com/

http://www.1face.com/ より引用

サービス提供者

1:Face(ワンフェイス)は腕時計を販売し、売り上げを貧困や乳ガンといった社会問題へと寄付するアメリカの社会企業。
グロースハックの施策
1:Faceは製品製造開始前に、クラウドファンディングサイトのIndiegogoで資金を調達しました。クラウドファンディングとはインターネットを通して一般の聴衆から資金調達を行う手法で、Indiegogoはその分野のリーダーです。1:Faceは、Indiegogoで資金を募り、その供出額に応じて、資金提供者に製品のプロトタイプを贈呈しました。

施策の狙い

Indiegogoにおける資金提供者は、商品の購入者でもあるとともに、製品の思想に共感した商品のファンであるとも言えます。プロトタイプを受け取った資金提供者は、積極的に製品を使用したり、周囲に自慢したりすることが期待されました。

グロースハックの成果

Indiegogoを通じて35万ドルもの資金調達に成功しました。結果として27万人乳がん患者支援、26万人分の食糧支援などが実現されています。

Uber

https://www.uber.com/ja/

https://www.uber.com/ja/ より引用

サービス提供者

Uberはタクシー配車サービスを提供します。スマートフォンアプリから最寄りのタクシーや、ライドシェア(いわゆる、白タク)を希望する個人を検索し、呼び出すことが可能です。

グロースハックの施策

創業地のサンフランシスコで人気を集めていたUberですが、ボストンでは利用者数が増えないという問題に直面していました。そこで、Uberは2013年に公共交通機関がストライキを起こした際、公立学校の学生に無料で配車サービスを提供しました。

施策の狙い

困っているときに寛大な支援を受けると、イメージアップにつながります。Uberの施策のポイントは、市民生活に支障をきたすストライキを利用して、利用者の支持を得たところです。普段利用していない消費者に利用体験させ、利用者の裾野を広げることにも成功しました。

グロースハックの成果

Uberの全世界での売上高は2015年末に100億ドルになるという予想があり、その成長率は年間300%と言われています。

Secret

http://firmology.com/2014/03/19/share-secrets-on-new-social-network/

http://firmology.com/2014/03/19/share-secrets-on-new-social-network/ より引用

サービス提供者

Secretは匿名型メッセージングアプリです。

グロースハックの施策

アプリにおけるセキュリティ上のバグを見つけた場合に、報奨金を支払う仕組みを発表しました。ハッカーは利用者に被害を与えない範囲で、アプリのセキュリティ上の問題を暴き、報奨金を得ることができます。そして、アプリは発見された問題を解消することで、匿名性をより高めることにつながります。

施策の狙い

匿名を特徴としたアプリなので、利用者のセキュリティに対する要求は非常に高いものがあります。バグを継続して解消していることを明らかにすることで、利用者の信頼を高めることが狙いです。

グロースハックの成果

2014年1月にアプリが公開され、ソーシャルネットワーク部門で2位のダウンロード数を達成しました。
ただし、2015年4月にアプリの提供が終了しています。


さあ、KOBITをスタートしよう。