WEBマーケティング

隠そうとしたら、逆に炎上

cnxt_dev
cnxt_dev
2022/05/12 03:00

好きな人がばれそうになって
隠そうとしたら、余計ばれちゃった
みたいな経験ってないですか?

「え?え?あいつのこと?」
「べ、べ、べ、別に好きじゃな…」
「…」
「好きです!」
みたいなね。

これと同じような効果として
ストライサンド効果っていうのがあります。

これは何かっていうとですね、
ある時、アメリカの歌手バーブラ・ストライサンドが
自宅の写真がネットに上げられていることに対して
激怒したんです。
「裁判で訴えてやる!」
「ふざけんなこのサイト!閉鎖しろ!」
というふうに言ったんですね。

しかし、その裁判が事を大きくしてしまい
最初はそのサイトにアクセスしたのは
たった6人だったんですが、
その後、1ヶ月に40万回以上
アクセスされてしまったんですね。

隠そうとしたら、むしろ目立ってしまった。
このことを、
ストライサンド効果っていうふうにいいます。

マーケティングの世界でも
わざと隠そうとすると
それをきっかけに
「中を見せろ!」
というふうにやってくる人達がいるってことを
考慮に入れた上で
マーケティングを考えていく必要があるでしょう。

次回は
「スティーブジョブズがいつも同じ格好をする理由」
について話していきます。

またね!

 

@kubotanozomu 隠そうとしたら逆に炎上#tiktok教室 #tiktokオーディション2021 #ティーチャー部門 #心理学 #マーケティング ♬ オリジナル楽曲 – 窪田望社長 – 窪田望社長🪤

 

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティング隠そうとしたら、逆に炎上