WEBマーケティング

原価をあえて公表したブランド

cnxt_dev
cnxt_dev
2022/04/28 09:00

こんなお店があったらどうですか?

「お客様!
こちらのジャケット
1万5000円でございますが、
こちら原価が5000円なんです。」

こんな商売、普通は成り立たないですよね。

でも、実はこの手法で大成功した
アメリカの EC サイトがあるんです。

アメリカの「Everlane」というブランドは
原価を公開した上で
商売をすることによって、
その誠実さをアピールし、
強烈なファン層を築いた
というふうに言われてるんですね。

さらに原価を公開しだけでなく、
職場環境をどんどん公開していった
ということも特徴です。

「職場環境をより改善するために、
今日の売り上げは
全部職場の改善のために使うんです」
とアピールして、
工場の待遇改善を実現していったんですね。

その結果、
「なんてオープンな会社なんだ」
ってことで
評価されたっていう話でした。

今後は物を売る企業より
ストーリーを売る企業が売れるでしょう!

次回は、
「フリーランスが成功するための方法」
について話していきます。

またね!

 

@kubotanozomu 原価をあえて公表したブランド #TikTok教室 #TikTokオーディション2021 #ティーチャー部門 #マーケティング #ブランディング ♬ オリジナル楽曲 – 窪田望社長 – 窪田望社長🪤

 

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティング原価をあえて公表したブランド