デザイン

【Illustrator】虹色線を簡単に作る

北野敦子
北野敦子
2022/03/15 23:15

はじめに

今回は虹色の線を簡単に引く方法を紹介していきます。
アクセントとしても、アイキャッチとしても使えて一瞬でできる非常に便利な手法です。

1.新規ファイルの作成

Illustratorで新規ファイルの作成をします。
今回はA4サイズ・300dpiのカラーモードCMYKで作成しました。

2.オブジェクトを作成

ツールバーから長方形ツールを選択し、長方形を作成します。

3.グラデーションの追加

長方形オブジェクトを選択し、グラデーションパネルでグラデーションのバーに配色、グラデーションを追加します。
また、ツールバーの線をなしにします。

4.エンベロープ

オブジェクト>エンベロープ>ワープで作成から、ワープオプションを表示。
スタイルを「旗」垂直方向「25%」にします。

5.オブジェクトの複製

長方形オブジェクトをOption+Shiftを押しつつ下方にドラック&ドロップ。オブジェクトを複製します。

6.エンベロープの拡張

オブジェクト>エンベロープ>拡張で旗の変形を拡張します。

7.ブレンドオプションの設定

オブジェクト>ブレンド>ブレンドオプションでステップ数を100に設定します。

8.ブレンドの適応

2つの長方形パネルを選択し、オブジェクト>ブレンド>作成でブレンドを反映させます。

9.任意のラインを引く

ペンツールで任意のラインを引きます。

10.ブレンドの反映

ブレンドをかけたオブジェクトとラインを選択し、オブジェクト>ブレンド>ブレンド軸の置き換えを選択し、ラインにブレンドを反映します。

11.調整

10の段階ではステップ数が少なく、グラデーションがきれいに反映されていません。
ラインを選択し、オブジェクト>ブレンド>ブレンドオプションでステップ数を再調整して完成です。
今回は数値を1000に変更しました。

まとめ

今回はブレンドツールを使ったグラデーションラインの作成を行いました。
ライン自体にねじりを加えることで反映したグラデーションをよりきれいに見せることができます。

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Illustrator】虹色線を簡単に作る