KOBITブログ

アクセス解析の定番Google Analytics サイト運営者に人気の理由って?

この記事は約 4分 で読めます。

アクセス解析の人気ツールGoogle Analytics

GoogleAnalyticsが人気の理由

Google AnalyticsはWebサイトのアクセス解析において、最も人気のあるツールになっています。2013年には上場企業の64%がGoogle Analyticsを採用していたとの調査もあります。また、中規模・小規模のWebサイトにおいても、無料で高機能が扱えることから、Google Analyticsの利用は非常に多くなっています。
Google Analyticsが人気を得た理由は、Webサイトを「いつ・誰が・何を・どのように」閲覧しているのかが明らかになることです。さらに、アクセス解析を詳細に行うことで、「なぜ」を導き出すことも可能です。「なぜ」を理解することで、Webサイトの訪問者数を増やす、滞在時間を延ばす、サイトでの売り上げを増やす、といった改善のための打ち手を提案することができるようになります。

利用目的は様々

Webサイトを運営する目的はそれぞれ異なり、目的によってGoogle Analyticsの活用方法も異なります。
自社のブランドをアピールするサイトであれば、多くの訪問者が長くWebサイトに滞在し、そのブランドに対して好印象を抱かせることを目指します。Google Analyticsを用いることで、どのページが訪問者の心を掴んでいるかを知ることができます。
また、Eコマースを行っているサイトであれば、訪問者が情報を閲覧するだけでなく、成約に至ることが狙いです。アクセス解析により、どのようにWebサイト内を巡回することで売り上げが上がっているかを知ることができます。
そして、アフィリエイトサイトなどのメディア型Webサイトの場合、より多くの訪問者を得ることがビジネスに直結します。いつ誰が何を閲覧しているのかを知ることで、人気のコンテンツが明らかになります。さらに、Web広告を利用している場合には、その投資対効果を知ることができます。

現代のマーケティングには欠かせない

Google AnalyticsはWebマーケティングの要です。マーケティングは宣伝広告にとどまらない概念です。マーケティングは、顧客の真のニーズを創り出し、効果的にそのニーズを充足させる活動です。顧客の特性を知り考察することが、顧客の本当の欲求を明らかにする第一歩です。Google Analyticsを使用することで、顧客の特性を詳細に分析することができるようになります。

さらに、Webマーケティングでは、情報技術を用いない時代のマーケティングとは異なり、顧客の特性をより詳細に知ることができるようになりました。例えば、新聞やテレビに広告を出し、郵送で商品購入を受け付けるビジネスを考えてみましょう。どの顧客がどの媒体から情報を得たのかを把握するのは、アンケート等による顧客の自己申告であり、投資対効果の計測には限界があります。

しかし、Webマーケティングでは、どのリンクをたどって顧客がWebサイトを訪問してきたのかを知ることが容易になりました。Googleの検索結果に広告を出した際に、Google Analyticsでは、その広告から自社サイトに訪問した顧客の特性を知ることができるので、投資対効果測定の精度が向上しています。Webを用いた現代ならではの、精度が高いマーケティング手法が利用できるのも、Google Analyticsのメリットです。


さあ、KOBITをスタートしよう。