デザイン

【Photoshop】 ネオンラインテキストエフェクトスタイルの作り方

北野敦子
北野敦子
2021/08/09 16:13

はじめに

今回はネオンラインテキストエフェクトの作り方を紹介していきます。
以前のサイケネオンテキストエフェクトとはまた違う効果の加え方でネオンラインを再現しました。

1.背景を黒に

ツールパネルの描画色の設定をクリックし、カラーピッカー(描画色)で#000000で黒をセットしOKでカラーピッカーパネルを閉じてoption+back spaseで背景レイヤーを黒で塗りつぶします。

2.テキストの入力

ウインドウ>文字で文字パネルを表示し、パネルで任意のフォントを選択、カラーを白にして文字を入力し、文字の間をoption+◀▶でカーニングを調整します。

3.スマートオブジェクトに変換

テキストレイヤーを右クリックもしくはcontrol+左クリックで「スマートオブジェクトに変換」を選択し、レイヤーをスマートオブジェクト化します。

4.角を丸くする

スマートオブジェクトに変換したレイヤーをフィルター>ノイズ>明るさの中間色で角に丸味を加えます。今回は半径を10に設定しました。

5.レイヤースタイルを調整

マートオブジェクトレイヤーをダブルクリックし、レイヤースタイルパネルを表示、レイヤースタイルを調整していきます。
今回は以下の設定で調整しました。

■カラーオーバーレイ
カラー:任意のカラー
描画モード:通常
不透明度:20

■ベベルとエンボス
-構造-
スタイル:ベベル内側
テクニック:滑らかに
深さ:230%
方向:上へ
サイズ:18px
ソフト:0px
-陰影-
角度:84度
高度:37
光沢輪郭:中央凹み
ハイライトのモード:カラー白・比較(明)・不透明度100%
シャドウのモード:カラー白・覆い焼きカラー・不透明度66%

■境界線
-構造-
サイズ:3px
位置:外側
描画:通常
不透明度:100%
-塗りつぶしタイプ-
メインカラー(カラーオーバーレイの色)>白>メインカラー(カラーオーバーレイの色)でグラデーション

■光彩(内側)
-構造-
描画モード:通常
不透明度:100%
ノイズ:0
カラー:メインカラー寄りのより濃い色で
-エレメント-
テクニック:さらにソフトに
ソース:エッジ
チョーク:12%
サイズ:9px

■画質
輪郭:白黒三角のもの
範囲:50%

■光彩(外側)
-構造-
描画モード:ハードライト
不透明度:100%
ノイズ:3%
カラー:メインカラー
グラデ:不透明度100→0
-エレメント-
テクニックさらにソフトに
スプレッド5%
サイズ45px
-画質-
輪郭:白黒三角のもの
範囲:50%

6.あしらいの追加(必要字)

スマートオブジェクトレイヤーのスマートオブジェクトのアイコンをダブルクリックし、スマートオブジェクトの編集に移動できます。
編集分を触って保存することで、元の編集中データのスマートオブジェクトレイヤー部分に変更が反映されます。

まとめ

今回はノイズを利用して角を丸くし、レイヤースタイルの調整を加えてネオン風に加工しました。
スマートオブジェクトに対してかける効果はスマートオブジェクトの再編集で加工される媒体を変更できるのでかなり使い勝手の良い加工になります。
タイトルなど未定なものに対しても加工を加え後々編集できるので作業を繰り返し行う手間が省けとても便利な一手です。

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Photoshop】 ネオンラインテキストエフェクトスタイルの作り方