デザイン

【Illustrator CC】縫い目のブラシを作成する

北野敦子
北野敦子
2021/07/01 15:34

はじめに

今回はillustratorで作る縫いつけたような縁取りのイメージの作成方法を紹介していきます。
縁取りの表現なのでちょっとしたあしらいにも使える便利な表現の一つです。

1.線のパターンのベース

ブラシ用のパターンのベースを作成します。
センターに線を引き、縫い目の横線を加えます。このとき、線の先端を丸型先端にします。

2.落書き加工

効果>スタライズ>落書きで落書き設定を以下の設定にします。

3.アピアランスの分割

オブジェクト>アピアランスの分割で加工をベクターデータへ変換します。

4.ブラシ設定

上記加工がされたオブジェクトをブラシとして登録します。

5.オブジェクトへの反映

任意のオブジェクトを作成後、アウトライン部分を複製、その複製に先ほど作ったブラシを反映します。

まとめ

これでスティッチ部分の加工の完成です。
そのほかのオブジェクトに追加することでそのオブジェクトをパッチワークのように表現することができます。
一つブラシとして登録しておけば後々あしらいの一つとして便利に使用できるので保存しておいて損のないブラシです。

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Illustrator CC】縫い目のブラシを作成する