KOBITブログ

紙媒体でのマーケティングに慣れた人でもAnalyticsの分析が使いこなせない理由

この記事は約 2分 で読めます。

指標に溺れそうなビジネスマン

指標に溺れてしまわないために

Google Analyticsでは多数の指標が用意されていますが、Webマーケティング初心者が全てを理解するのは困難です。

たとえ、雑誌等の紙媒体でのマーケティングに精通した人間でも、「よく分からない」と言うことが最初は多いでしょう。

理解が難しい理由の一つに、マーケティングの方法論への理解が必要なことがあげられます。

Google AnalyticsはWebマーケティングの方法論に基づいていますが、紙の媒体を中心にしていた時代のマーケティング手法とは異なる概念が多く導入されています。

実例:直帰率を用いた分析

例えば、Google Analyticsには直帰率という指標があります。

直帰率とは、訪問者のうち、1ページしか閲覧せずに、すぐにWebサイトを離れてしまった訪問者の割合です。

これを新聞の読者で測定しようとしても、現実的には不可能です。すなわち、直帰率はWebマーケティング固有の概念です。

同様に、口コミを可視化することは困難ですが、Google Analyticsを使えばどのサイトから遷移してきたかが分かるので、訪問者がどこから情報を得ているのかを推定することが可能になります。

つまり、Google Analyticsを理解するには、現代のWebマーケティングへの理解が欠かせません。

紙とWebにはそれぞれ強みがある

下図は、紙のマーケティングと、Webのマーケティングの強みを対照した表です。

紙のマーケティング、Webのマーケティング

定性的フィードバック

顧客との関係を丹念に手作業で紐解く

定量的データで分析

データに基づき分析する

プッシュ型

売り込みによる企業側からのアプローチ

プル型

購買意欲から生ずる顧客からのアプローチ


さあ、KOBITをスタートしよう。