デザイン

【Photoshop】1分でできる画像加工/被写体を別画像と複合

北野敦子
北野敦子
2021/03/30 16:51

はじめに

今回は、前回に引き続きPhotoshopの画像加工の王道How toをご紹介していきます。
よく目にすることがある被写体を別画像と複合させる方法を紹介していきます。

1.カラーバランスの変更

任意の被写体が写っている画像をPhotoshopで展開し、イメージ>色調補正>2階調化で2階調にします。 顔がしっかりと識別できる数値に設定します。

2.色域指定

選択範囲>色域指定で黒い部分を選択します。

3.複製

Command+Jで選択部分を別レイヤーとして複製します。

4.背景の追加

レイヤーパネルから新規レイヤーを作成し、ツールパネルの描画色を設定で白色を選択、Option+Enterで白をレイヤーにベタ塗りし、そのレイヤーをレイヤーパネルでドラッグ&ドロップで最背面に配置します。

5.調整

元画像の被写体が写っているレイヤーを非表示にし、部分的に複製した方のレイヤーの部分不要部分を消しゴムツールで削除します。

6.画像の配置

ファイル>埋め込みを配置で合成したい別画像をレイヤーとして配置します。

7.クリッピングマスク

レイヤーパネルから、6.で新たに追加した別画像のレイヤーを選択し右クリックもしくはCommand+Enterでクリッピングマスクを作成を選択し完成です。

まとめ

今回は被写体に別画像を複合する方法を紹介しました。
インパクトが強めの画像になるのでアイキャッチに便利です。
また、一部分のみ複合させるなどアレンジもしやすい加工なのでぜひ試してみてください。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Photoshop】1分でできる画像加工/被写体を別画像と複合