デザイン

【Illustrator】ネオンイラストを作る

北野敦子
北野敦子
2021/02/28 08:53

はじめに

今回は1分でできるIllusutratorを使ったひかるネオンの表現をご紹介します。

1.背景の設定

長方形の塗りが黒のオブジェクトを背景として設置します。

2.線がでイラストを描く

この際、線パネルから、線幅を太め、先端を丸型先端の設定にします。
また、塗りをなし、 線の色をブライト系のカラーにします。

3.背面に複製

描いたオブジェクトを選択し、Command+Bで背面に設置、線幅を太めに変更します。

4.ぼかしガウス

効果>ぼかし>ぼかしガウスで背面の線にぼかしの加工をかけます。
目視で確認しつつ、ぼかしの数値を調整してください。

5.リフレクト

オブジェクト>変形>リフレクトで水平を選択、コピーを選択します。
その複製したオブジェクトを選択し、下にずらします。ます。

6.長方形の追加

5のオブジェクトの上に長方形を配置し、グラデーションパネルから塗りに上から白→黒のグラデーションをつけます。

7.不透明マスク

リフレクトで複製したオブジェクトとその上部に配置してある長方形を選択し、透明パネルから不透明マスクの追加を行います。
これで反射の表現を追加します。

8.調整

グラデーションの微調整で反射の強さを調整し完成です。

まとめ

背景が暗めであることが前提の加工ですが、光が漏れている表現と、映り込みを表すことでネオンらしさを表しました。
簡単にネオンを描くことができるのでアクセントなどに使用できる加工です。
RGBでの描画ではより明るさを目立たすことができるのでデジタルでの表現に向いている表現です。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Illustrator】ネオンイラストを作る